デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

未来の乗り物をVRで体験 イーロン・マスクの次世代交通システム「ハイパーループ」

シミュレーション・接客

2019/07/19 11:45

マイクロソフトの「Remix 3D」終了へ

業界動向

2019/07/19 12:30

Unity公式カンファ「Unite Tokyo 2019」講演情報が一部公開、医療×VR活用事例やVRアニメ制作ツールなど

セミナー・カンファレンス

2019/07/18 19:00

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

単眼(一眼デバイス)

両眼視差を用いないVRヘッドマウントディスプレイを指して「一眼デバイス」などと呼びます。メジャーなものにはハコスコ社の販売している段ボール製の「タタミ一眼」、プラスチック製の「プラスコ」などが挙げられます。

一眼モデルのデバイスは、Oculus RiftやPlayStation VRのような二眼デバイスとは異なり、覗き込むためのレンズが1つしかありません。ハコスコのタタミ一眼は、スマートフォンを差し込んで使う段ボールデバイスです。この時スマートフォンのスクリーンは全面で一つの描画を行い、Google Cardboardのように右目用・左目用に画面を二分割した描画は行いません。

画像:ハコスコ タタミ一眼

一眼デバイスは、二眼デバイスに比べると奥行き感などを得にくく、VR体験の質ではやや劣ってしまうかもしれません。しかし両眼視差を必要としないため、二眼に比べて眼精疲労を起こしにくく、小さい子供が利用しても健康上のリスクが少ないというメリットがあります。





瞳孔間距離(IPD)

2017/05/26 22:35

テレイグジスタンス

2017/05/26 22:35