Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

MRデバイス「HoloLens 2」、マイクロソフトストアで販売開始

業界動向

2020/07/02 19:00

HoloLens 2のレンタルサービスが開始、月額6万円から 長期割引も

業界動向

2020/07/02 11:30

KDDIとレッドブル・ジャパンが提携、XRで“新たなスポーツ観戦”を

業界動向

2020/07/01 19:39

リモートで3Dデザインを共同制作、ドコモが「Virtual Design Atelier」スタート

業界動向

2020/07/02 12:00

フェイスブック、軽量小型の“VRグラス”研究成果を公開

テック

2020/06/30 19:21

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

Lighthouse

Lighthouseとは、PC向けのVRヘッドマウントディスプレイHTC Viveに搭載されているトラッキング・システムのこと。

最大2台のベースステーションを設置することで、最大3m×4mの範囲内、対角線にして5m程度の範囲(ルームスケール)を精確に、そして完全にトラッキングすることが可能です。これにより人は、VR空間にいながらにして現実と同じように歩き回ったり、寝転んだりする体験ができるのです。

現行(2017年6月)のベースステーションは、回転するモーターを利用して縦横にレーザー光線を走らせ、部屋全体を隅から舐めるようにスキャンします。この手順を毎秒100回程度という高速で繰り返し、ターゲットの位置座標を(ターゲットが動く度に)逐一計測しています。HTC Viveとそのコントローラーには光センサが多数付いており、レーザーを感知すると位置情報がPCに送られる仕組みとなっています。

https://www.youtube.com/watch?v=oqPaaMR4kY4
Lighthouseが部屋全体を計測する様子。

レーザー光の誤干渉問題

Lighthouseシステムは、Oculus Riftなどのヘッドマウントディスプレイと比べて広い範囲をトラッキングすることが可能ですが、一方でレーザー光の誤干渉問題があります。

これは、イベントや開発オフィス内などでHTC Viveの体験スペースを複数併設する場合、隣のベースステーションが発するレーザー光によって正常なトラッキングが妨げられてしまう問題です。

問題の詳しい解説や対処法は、以下の記事をご覧ください。

(関連記事)
イベント展示でViveの誤干渉を防ぐ方法 ポータブルルームTips



 

アウトサイドイン方式

2017/07/03 21:53

ルームスケール

2017/07/03 21:53