デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

未来の乗り物をVRで体験 イーロン・マスクの次世代交通システム「ハイパーループ」

シミュレーション・接客

2019/07/19 11:45

マイクロソフトの「Remix 3D」終了へ

業界動向

2019/07/19 12:30

Unity公式カンファ「Unite Tokyo 2019」講演情報が一部公開、医療×VR活用事例やVRアニメ制作ツールなど

セミナー・カンファレンス

2019/07/18 19:00

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

メタバース

メタバースとは、コンピュータ上のシミュレーションによって作り出された世界のこと。

ニール・スティンブンスンが、1992年に発表したSF小説『スノウ・クラッシュ』(原題:『Snow Crash』)の中で使用したことをきっかけに生まれた語です。ギリシア語で「越える」を意味する接頭辞「Meta」と、宇宙や現実の事象を表すUniverseが融合したもの。

有名な例として、アメリカのリンデンラボ社が運営するPCアプリ「セカンドライフ」があります。

メタバースは、電脳世界、サイバースペースなどと称される世界において、特に以下の条件に当てはまるものが該当します。

1.3次元のシミュレーション空間(環境)を持つ
2.自己投射性のためのオブジェクト(アバター)が存在する
3.複数アバターが、同一の三次元空間を共有することができる
4.空間内に、オブジェクト(アイテム)を創造することができる

メタバースが普及するより前から、オンラインゲームなどの3次元プラットフォームは存在しましたが、ストーリーが固定されていたり、世界観やルールが決まっていたりと、メタバースに比べて自由度が低いものでした。

メタバースの特徴

メタバース内ではチャットや音声通信、アバターや環境(マップ)を利用してコミュニケーションを行います。メタバースをひとつのメディアとしてみると、従来のメディアとはかなり異なる性質を持っていることがわかります。

例えば、メタバース上では誰もがアバターという平等な存在なので、どんな人でもコンテンツの供給者・消費者のどちらにでもなることができます。

また近年、テレビやラジオ、電話などのあらゆるメディアのパーソナル化が進んでいます。しかしサイバー空間では、空間を共有するという性質上、いかなるコンテンツも複数のアバターによって受信され得ます。さらにステージやアバターなど、それ自体がコンテンツのものが絡み合って、新たな別のコンテンツが生まれる可能性もあるでしょう。

(参考)
日本バーチャルリアリティ学会(編)(2011) 『バーチャルリアリティ学』 東京 コロナ社、 250-256頁





Augmented VR(拡張VR)

2017/05/26 22:20

VR酔い

2017/05/26 22:20