Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

VTuberグループ「にじさんじ」のいちから、伊藤忠やSMEから約19億円調達

投資

2020/04/14 12:00

コロナでVRユーザー“急増”か、Oculus Questのハンドトラッキングが正式リリース ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/05/25 08:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

VR元年

2016年は、さまざまなメディアで「VR元年」と表現されました。VRの技術研究自体は1960年代から見られるため、ここでいう「VR元年」は主に、VRの「普及元年」(※1)を意味しています。

2016年は「一般の消費者向けのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)が、各社から一斉に発売され、市場に出回り始めた年」なのです。

(※1)VRCカンファレンス 2016にて、日本VR学会会長の岩田先生は、基調講演で「これまでBtoBだったVR技術が、一挙にBtoCになった」と述べています。(アーカイブ

2016年周辺の出来事
2016年以前

2016年周辺の出来事

2012年にアメリカのパルマー・ラッキー氏がクラウドファンディングKickstarterに登場し、「Oculus Rift」の開発を発表。これを合図とするかのように、ソニー・インタラクティブ・エンターテインメント(※2)からPlayStation VR(※3)が、そしてValveとHTCからHTC Viveが発表されます。最終的にこの3社のVRHMDは、3つとも2016年に発売されました。


(左からOculus Rift、HTC Vive、PlayStation VR。いずれも製品版)

スマートフォンを用いたモバイルVRの分野でも2012年のOculusの登場以降、GoogleがGoogle CardboardやDaydream、サムスンはOculusと共同開発のGear VRを発売しています。これら以外にも、様々な形式のVRHMDが続々と登場しています。

また2016年はマイクロソフトがMRデバイスであるHoloLensを発売するなど、VR以外のデバイスも数多く登場しています。

写真左がGear VR(2015年12月発売)、Daydream(2016年11月発売、2016年現在日本では未発売)

(※2) 当時はソニー・コンピュータ・エンターテインメント
(※3) 当時はProject Morpheusと呼ばれていた

2016年以前

VRHMD研究の始まりは、1960年代にまでさかのぼります。CGの分野を生み出したとされるアメリカの研究者アイバン・サザランドが、世界最初のヘッドマウントディスプレイを開発したのは1968年のこと。この技術が進化を重ね、現在のOculus RiftなどのHMDに繋がっています。

当時のVR技術・デバイスは、一般に消費者の手の届く価格ではなく、なおかつコンピュータの処理能力の問題で、スペックも比較的現代のものより劣っていました。


(CEDEC 2016 筑波大学 岩田教授による講演スライド)



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


VR

2017/05/22 19:52

MR(複合現実感)

2017/05/22 19:52