ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

藤井直敬

藤井直敬(ふじい なおたか)は、株式会社ハコスコ代表取締役。VRコンソーシアム代表理事。元眼科医、元神経科学者。アーティスト。

理化学研究所で開発したSR(Substitutional Reality・代替現実)システムを応用した、ミニマルなVR体験プラットフォーム「ハコスコ」でのVR事業を展開。VR領域における啓蒙活動を行っています。1965年広島県生まれ。

略歴

2007年:社会脳研究のためにVR技術を使用したデバイス開発に着手。
2009年:SR(代替現実)システム「エイリアンヘッド」を開発。
    著書『つながる脳』(NTT出版)第63回毎日出版文化賞受賞。
2010年:著書『ソーシャルブレインズ入門―<社会脳>ってなんだろう』(講談社現代新書)
2012年:東京ゲームショウにて、SONYのHMD「HMZ-T2」とSRシステムがコラボした「没入快感研究所」展示。
2013年:著書『拡張する脳』(新潮社)
2014年:安価なVR体験デバイス「ハコスコ」を開発。7月、株式会社ハコスコ創業。
2015年:一般社団法人VRコンソーシアム設立
2016年:SR没入体験型アート作品「The Mirror」展示(東京・熊本)
    「Neighbor」展示(イスラエル・オーストリア・東京)ともに製作・監修を務める。
2017年:理化学研究所退所。

人物

東北大学医学部卒業後、眼科医として勤務ののち、同大大学院にて博士号取得。
1998年よりマサチューセッツ工科大学(MIT)、McGovern Instituteにて上級研究員として勤務、2004年より理化学研究所脳科学総合研究センター象徴概念発達研究チーム副リーダー、2008年より同センター適応知性研究チームリーダー。主要研究テーマは適応知性および社会的脳機能解明。

他人との関係性に応じて自分の振る舞いが変化する「社会脳」研究の第一人者として、すべての被験者に同じ体験をしてもらうため、再現可能な現実としての「SR(代替現実)システム」の開発に着手。ヘッドギア「エイリアンヘッド」を完成させるも、大掛かりかつ費用がかかるデバイスとなります。そこで多くの人に体験してもらえない状況を鑑み、デバイスの不要な部分を削り、安さを追求した結果、スマートフォンを使用した安価で手軽なダンボール製のVR体験プラットフォーム「ハコスコ」を生み出し、起業に至ります。

また、自らが代表者となり、クリエイターや企業、学者らによる「VRコンソーシアム」を設立。カンファレンスやイベントを通じ、VRの認知活動、技術開発、協働を促すための検討や交流活動を行っています。

・Twitter(@NaotakaFujii

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース