デイリーランキング

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

VR作品コンテスト「VRクリエイティブアワード2019」の最終結果発表イベント開催、8月25日

業界動向

2019/08/21 19:00

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

増えるAR×アパレルの取り組み Magic Leapがアパレルメーカーらと提携

業界動向

2019/08/21 11:30

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

開発

2019/08/22 11:30

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

安藤晃弘

株式会社ハシラス代表取締役。元手妻師で現在はVRプロデューサー。ロケーションベースVR協会代表理事。1977年千葉県生まれ・40歳(2017年12月現在)

身体運動を伴う体験型VR(ヴァーチャル・リアリティ)コンテンツの制作を手がけており、乗馬レース体験VRコンテンツ「Hashilus」など、10種類を超えるハードウェア筐体込みのVRアトラクションをプロデュースしています。

略歴

千葉大学卒業後、江戸古典奇術『手妻(てづま)』の継承者として活動。

2014年:乗馬レース体験VRコンテンツ『Hashilus』を制作。各種イベントに出展後、同年5月にハウステンボスに常設される。
2015年12月:(株)ハシラス創業。Tokyo VR Startups 第1期インキュベーションプログラムに参加。以降、ハシラスは各種VRコンテンツの開発、及びVR体験施設向けのアトラクション制作等を行う。
(Ocufesへの参加、そしてocufes以外での2016ニコニコ超会議オッキューランド主催の件は言及)
2016年:手妻師を辞し、VRプロデューサーに専念
2017年:代表を務める株式会社ハシラスが、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと資本提携並びに包括的業務提携。同年7月、VR体験施設の運営等に関わる事業者で構成された一般社団法人ロケーションベースVR協会の代表理事に就任。

人物

江戸伝統の奇術である手妻を披露する「手妻師」から、VR開発会社の創業者になるという異色の経歴を持っています。本業の傍ら、ネットメディア・先端コンテンツに高い関心を持ち、動画投稿サイトや配信を通じて和文化の発信を行い、やがてVR技術に出会ったとのこと。

手妻師の経験など、作品の提供者として活動していたため「起承転結や序破急の付け方などが直感的、感覚的に分かる」とのこと。加えて、舞台をやっていたので施工や図面にも強く、その経歴を駆使したVRプロデューサーといえます。

・Twitter(@tezumashi


廣瀬通孝

2017/12/29 15:59

吉田修平

2017/12/29 15:59