デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15 New

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00 New

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00 New

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

最大8K画質の360度カメラがクラウドファンディング開始、約6万円

香港のデバイスメーカーが開発した8K画質の360度カメラ「Pano-S」が、Kickstarterにてクラウドファンディングを開始しました。4,399香港ドル(約6.4万円)の出資で、カメラ本体に充電ボックス、バッテリー、USBケーブルのスタンダードセットが入手可能となっています。

8Kの360度カメラ「Pano-S」

「Pano-S」は、8K画質の静止画と4K画質の動画を撮影可能です。ライブストリーミング機能は搭載されていません。サイズは120mm×80mm、重さ650gと、同じ8K静止画を強味とするInsta360 Proの約半分の重量です(Insta360は8K画質の動画撮影や、静止画・動画ともステレオ撮影が可能な点は大きく異なります)。静止画で3時間、動画で1.5時間の撮影が可能としています。

操作は”電源ボタン”、”動画撮影ボタン”、”写真撮影ボタン”の3つを押すだけというシンプルなもの。また、スティッチングソフトウェア「Autopano」を用いた手軽な編集もうたっています。

Kickstarter詳細

Kickstarterでは、4,399香港ドル(約6.4万円)の出資で、カメラ本体、充電ボックス、バッテリー、USBケーブルのスタンダードセットが入手可能です。クラウドファンディングページによると、デバイスの出荷は2018年8月を予定。今回の資金調達によって40万香港ドル(約540万円)のゴールを目指します。募集は5月4日までです。

スペック

名称

Pano-S

外形寸法

120mm(直径)×80mm(高さ)

質量

650g

レンズ

6×8G F2.4 広角魚眼レンズ(210度)

ディスプレイ

0.96インチOLED

材質

アルミ合金、ポリカーボネート

マイク

360度ビルトインマイク

インターフェース

USB Type-C(高速通信用)

ファイルフォーマット

MP4、JPG

ストレージ

マイクロSDカード(最大64G)

動作温度

-10℃~50℃

リモートコントロール

2.4GHz RFリモートコントロール、~20m

バッテリー

6000mAh 充電式リチウムバッテリー

アダプター

入力:AC100-240V 50-60Hz
出力:DC5V 3A

解像度(静止画)

7680×3480(8K)/3456×3456(1レンズあたり)

解像度(動画)

3840×1920@30fps(4K)/1920×1920(1レンズあたり)

スティッチングソフトウェア

Kolor Autopano Giga/Autopano Video Pro

360度カメラについてはこちらから。

どれを買うべき?360度カメラ「RICOH THETA」シリーズ徹底比較

どれを買うべき?360度カメラ「RICOH THETA」シリーズ徹底比較

MoguraVR

どれを買うべき?360度カメラ「Insta360」シリーズ徹底比較

どれを買うべき?360度カメラ「Insta360」シリーズ徹底比較

MoguraVR

どれを選ぶ?5万円以下の360度カメラ5種を実機比較 

どれを選ぶ?5万円以下の360度カメラ5種を実機比較 

MoguraVR

(参考) 「Pano-S」Kickstarterページ

日立、HoloLensで手術室レイアウトを体験できるコンテンツ開発

2018/04/11 18:33 ビジネス活用事例

VR×ウォータースライダー、ドイツの施設で反響

2018/04/11 18:33 イベント情報