デイリーランキング

米Mojoの「スマートコンタクトレンズ」に注目、新たな一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/27 08:00

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

マイクロソフト「HoloLens 2」、産業・軍事向けカスタマイズ版を発表

活用事例

2020/01/24 18:30

国内のARトレンド最前線、Docomo Open Houseが一大展示会になっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

メガネなしでのARの実現を目指す米企業が700万ドル調達

レンズを必要としないグラスフリーなARの実現を目指すライトフィールドラボ社が700万ドル(約7億5000万円)を調達したことが明らかとなりました。調達した資金はプロトタイプ製作のために利用されます。



ライトフィールドラボは、3Dキャプチャシステムの研究を昔から行ってきた米企業「Lytro」の元メンバーを中心に、2017年にカリフォルニアで創業されました。

今のところ、現実空間に3Dモデルを投影するためにはマイクロソフトのHoloLensやMagic Leapなど、眼鏡型デバイスを使用するスタイルが主流です。しかし同社は眼鏡なしでARを体験する、新しいディスプレイを開発する計画を発表しました。今回の資金調達で集めた資金で、そのプロトタイプを製作するとのことです。

鍵を握るのは「ナノ粒子技術」

技術の詳細については明かされていませんが、VR専門メディアUploadVRが行ったインタビューで、同社のCEOであるカラフィン氏は「ナノ粒子技術(※)」が鍵を握っていると語りました。最終的にはこのナノ粒子技術を搭載した数百ギガピクセルの解像度を持つディスプレイを完成させ、レンズを必要としないホログラム投影の実現を目指すとのことです。
※1-100ナノメートルの粒子を操作する技術(1ナノメートルは1ミリメートルの100万分の1)

新しいメディアのスタイル誕生に期待

レンズを必要としない投影技術は現在、多くの企業の研究所や大学で研究進められています。この技術は現在のメディアのスタイルを大きく変えるのではないかという期待がされている分野です。

(公式ページ)
https://www.lightfieldlab.com/

(参考)
Light Field Lab Raises $7 Million To Build Prototype https://uploadvr.com/light-field-lab-raises-7-million-prototype/


フェイスブックが発表 新たな時間の単位「Flick」目的はVR開発

2018/01/27 19:00 活用事例

まるで異世界転生 『VRChat』に3Dスキャンした自分を召喚

2018/01/27 19:00 イベント情報
新規CTA