デイリーランキング

オープンワールドゲーム「クラフトピア」VRM形式の公式対応を予告

ゲーム・アプリ

2020/09/28 11:45

ジャンプっぽいオリジナルキャラを作ろう!「ジャンプメーカー」公開

話題

2019/12/19 18:26

【ドラクエウォーク】「導きの英雄たち」第3章スタート。様々な新要素も登場

ドラクエウォーク

2020/09/28 18:42

YouTube 総勢26名VTuber参加の「Fall Guys」イベント開催

VTuber

2020/09/23 15:20

思わず絶賛 ユーザー視点から「Oculus Quest 2」をレビューしてみた

Oculus Quest

2020/09/24 19:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

Google、新たなVRプラットフォームDaydreamの開発キットを公開

Googleは、5月18日発表した新たなVRプラットフォームDaydream向けのコンテンツ開発キットを含む「Google VR SDK」を専用ページで公開しました。

高品質なDaydream、より手軽なCardboard

今回、公開された「Google VR SDK」はDaydreamとCardboardの2つのプラットフォーム向けのコンテンツを開発するためのプラグインです。

Google VR SDK

高品質なスマホVR体験を目指すDaydream向けに公開されたのは、ゲームエンジンUnityのSDK、Android SDKです。iOS SDKはCardbordのみでDaydreamに対応していません。

各SDK、サンプルはGoogle VRのGithubで公開されています。

秋に発売されるDaydream向けの開発に向けて

Daydreamは、手でデバイスをもって使用する簡易なCardboardと違い、ヘッドセットにスマホを装着して体験するより高品質なVRを実現するものです。

対応スマートフォンやヘッドセット、コントローラーは2016年秋に発売されます。

それ以前に開発者向けに開発機材として推奨されているスマートフォンはファーウェイが発売している「Nexus 6P」です。秋に発売されるDaydream向けのスマートフォンに性能面では劣るものの、ヘッドセットに装着して短時間でもDaydream対応コンテンツを動作させることができるとしています。

次点としてAndroid Kitkat以上を搭載したスマートフォンを挙げており、コントローラーのシミュレーションは可能とのこと。

検証用の機材としては手で持つCardboardタイプのデバイスではなく、頭に被るタイプのヘッドセット型のデバイスを推奨しています。

今後、Daydream向けに高品質なスマホVRアプリの開発が進むことに期待したいところです。

(関連記事)
Google、高品質なスマホVRのためのプラットフォームDaydreamを発表。Android NのVRモード、VR対応スマホ、VR内ホーム画面など


ハコスコが第三者割当増資を実施。KDDI、ミクシィ、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ、グリーなど各社とVRプロモーション事業を推進

2016/05/19 18:30 活用事例

VR/MRコンテンツ制作のSPACES、300万ドルを資金調達。コロプラとグリーのVRファンドも投資に参加

2016/05/19 18:30 活用事例
VR/AR/MR 用語集