デイリーランキング

視線追跡搭載の「VIVE Pro Eye」6月28日発売、中国発の“分離型”VRデバイス登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/06/24 08:00

ウェブで3Dモデルをグリグリ動かす グーグルがフォーマットやツールを発表

テック

2019/06/24 11:00

VIVE COSMOS、デザインが発表 トラッキング用のカメラは6基に

VIVE

2019/06/21 23:32

一体型VRヘッドセットの現状や将来性、開発のポイントを語るイベント デジハリで7月18日開催

業界動向

2019/06/24 12:00

KDDIがARクラウドのSturfeeと提携、来たるべきAR時代への布石か

業界動向

2019/06/25 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

“業務用”Google Glass新モデル、FCC認証を通過 製品化間近か

Googleが開発中のGoogle Glassの新モデル「Google Glass Enterprise Edition」が、連邦通信委員会(FCC)の認証を通過していたことが判明しました。

同モデルは2017年に行われた開発発表から情報が無く、本格的な続報が待ち望まれていました。

前モデルは開発者向けへの販売に留まる

Google Glassは「スマートグラス」に分類される製品で、所有者が求める情報がメガネのレンズ上にされる仕組みになっているのが特徴です。ここ最近勢いを見せているHoloLensやMagic Leapといった「ARグラス(ヘッドセット)」とは違い、スマートグラスには拡張現実(AR)機能はなく、いわゆる「ヘッドアップディスプレイ(HUD)」と同じように機能します。

“初代”Google Glassこと「Explorer Edition」は、2013年に開発者向けとしてリリースされたものの伸び悩み、その後2015年に販売中止となっていました。

「Enterprise Edition」は、そんなGoogle Glassの次世代版にあたるアイテムで、建設や医療現場など、現場作業をアシストするためのデバイスとして、開発が進められていることが伝えられています。

詳細スペックは判明せず

FCCのサイト上には「Enterprise Edition」の詳しい性能は掲載されていません。ただ海外ITメディア9to5Googleによると、新機能が満載されているというよりは、処理速度の向上やバッテリーの耐用時間など、基本的なスペックの底上げに重点が置かれたモデルであるとのことです。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

VTuberが働き方改革、バーチャル社員を誕生させるクラウドファンディング開始

2018/11/19 15:00 VTuber 最新ニュース一覧

「VRoid Studio」がアップデート! 新しい服装や機能追加など

2018/11/19 15:00 開発