デイリーランキング

茨城県、VTuber起用で約2億4,000万円の効果

業界動向

2019/04/22 19:02

NTTドコモが広視野角VRゴーグル発表、かつてのノートルダム大聖堂をVRで ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/04/22 08:00

VR触覚デバイス「EXOS」にハンドトラッキングが追加、触覚体験をアップデート

テック

2019/04/23 12:00

Valveの新型VRヘッドセット「Index」判明済み最新情報まとめ

Index

2019/04/20 11:30

ドワンゴが10人以上同時キャプチャできるモーキャプスタジオ開設、3DCGアニメスタジオも始動

業界動向

2019/04/23 12:15

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

”自分の死”をVRで体験 中国の葬儀場がツアーを開催

人間がいずれは経験することですが、日常では決して体験できない「自分の死」。その瞬間をVRで体験するツアーを、中国の葬儀場が開催しました。

自分が倒れて命を落とし、火葬されるまでを体験

北京で最大の規模を誇る八宝山(Babaoshan)葬儀場は、これまでも葬儀会場や火葬場の見学ツアーを行ってきました。今回新しい試みとして始まったのが、葬儀にまつわる疑問を晴らすために、VRの中で”死の全てのプロセス”を体験するツアーです。

ツアー内の体験は2つに分かれています。1つ目のプログラムでは、体験者は仕事中に倒れ、救助もむなしく心臓が停止してしまいます。そして死後の世界から、親族に別れを告げることになります。2つ目のプログラムは、体験者が葬儀場に運ばれるところから始まります。霊安室に安置され、葬儀を行い、火葬場に送られる……実際には約1時間かかる内容を、およそ5分間で体験します。

人生最後の日をVRで体験するというのは、奇妙に聞こえるかもしれません。しかし八宝山葬儀場によると、遺族がこのバーチャルツアーを通して葬儀について知っておけば、いざというときに準備にかかる時間を減らせるとのこと。より多くの時間を、故人の死を悼むために使うことができます。

先端技術と葬儀業界とのつながり自体は、珍しいものではありません。今回のツアーはVRを活用していますが、八宝山葬儀場では3Dプリンターを使って故人の顔の傷を修正したり、霊安室の消毒にロボットを使ったりしています。

海外だけではなく日本でも、AR機能を利用し、特定の場所にスマートフォンを持っていくと故人からのメッセージ動画が再生される「スマ墓」といったサービスが始まっています。

“自分の死”という究極の非日常。今までにない体験を実現する、VRならではの活用事例と言えそうです。

(参考) VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

QDレーザ、網膜投影ARグラスを法人向けに発売 個人向けも年内に

2018/04/02 19:00 活用事例

不動産情報サイトのアットホームが「VR内見」導入

2018/04/02 19:00 活用事例