デイリーランキング

KDDIとNreal、メガネ型MRデバイス「NrealLight」無償レンタルの開発プログラム発表

開発

2019/12/04 13:11

VR上で「バーチャル学会」が開催、学術や開発者、クリエイターらの交流図る

セミナー・カンファ

2019/12/05 19:00

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

業界動向

2019/12/04 11:30

2023年のVR市場規模は148億ドル? 米調査会社がレポート発行

統計・データ

2019/12/05 19:30

SteamのVRデバイス利用調査、引き続きRiftとVIVEが健闘 12月に激しい動き?

統計・データ

2019/12/03 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

胎児を3Dモデル化しVR検査 成長観測や医療判断に

ブラジルの研究者ヘロン・ヴェルナー・ジュニア氏らは、超音波とMRIデータを赤ちゃんの3Dモデルに変換することで、VRで胎児を検査する方法を発見しました。子宮、臍帯、胎盤、胎児の正確な3Dモデルを構築するためにMRIデータを使用し、Oculus Riftで検査することができます。

26週の胎児の仮想3Dモデル

3Dモデルを構築するために超音波ファイルから生成された胎児

VRヘッドセットを装着している間、ユーザは赤ちゃんの心拍を聞くことができ、頭を動かすことによって様々な角度から胎児を見ることができます。医師はこの技術を使用して胎児の異常をより正確に検出し、赤ちゃんの内部構造および気道の詳細な状態を見ることもできます。

27週間での胎児の体内の可視化

「VRと組み合わせた3次元胎児モデルは、胎児の解剖学的特徴の理解を向上させ、教育目的や両親が胎児を視覚化するための方法として使用することができる」と研究の共著者であるヘロン・ヴェルナー・ジュニア氏は述べています。

医師は3D画像を使用してVRで見ることで、保護者が胎児の発達の様子を追えるようにし、治療の決定を下す際の理解を深めることができます。この技術はリオデジャネイロの診療所の患者に使用されており、出生後の手術が必要な異常の検出に成功しているとのことです。

(参考)

Expecting Parents Can Meet Their Baby Using VR

Expecting Parents Can Meet Their Baby Using VR

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

ツクモ、PC・スマホいらずのVRHMD「IDEALENS K2」開発者版を先行販売

2016/11/25 11:30 テック

RICOH THETAアップデート 星の光跡撮影などが可能に

2016/11/25 11:30 VR動画

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集