デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

ナイアンティックが3億ドル調達、ハンドトラッキングのUltraleapにテンセントら出資 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/11/29 08:00

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

Robloxが自社プラットフォームのゲームクリエイター向けファンド設立、プロジェクトごとに最小5,500万円から支援

開発

2021/11/29 12:01

VRゲームスタジオResolution Games、別のゲームスタジオを買収

業界動向

2021/11/29 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ANTSEAT(アントシート)製品ページ 小型シートクッション・モーションシミュレーター

どこにでも置ける小型高性能モーションシミュレーター

アントシート(antseat)

ANTSEAT(アントシート)は、個人でも企業でも利用できる革新的な小型モーションシミュレーターです。特殊構造により、企業向けモーションシミュレーターと同等以上のピッチロール角度と椅子の上に置くことが可能など、生活空間を侵食しないサイズと圧倒的な低価格「169,000円(税別)」を実現しました。

また、モーションをつけるための開発キットも付属。幅広い要望に応えることが可能です。

アントシート(antseat)(一人で持ち運び可能な軽量化・小型化を実現しています)

アントシート(antseat)(シート型であるANTSEATは、ゲーミングチェアの上に置くことも可能。ゲーミングチェアがモーションシミュレーターに!)

商品販売ページはこちら!(Yahoo!ショッピング)

法人/ビジネス向けEC「Mogura VR Store」でも販売しています!請求書支払いなど対応しています。

★「コンテンツ東京2021」(「XR 総合展」)に出展します。

2021年4月14日(水)〜16日(金)の開催期間中にANTSEATを体験いただけます。

その場で商談やご相談もご対応いただけます。

・コンテンツ東京2021(XR 総合展)
https://www.content-tokyo.jp

出展:ブース番号 16-11(WIZAPPLY株式会社)
https://content-tokyo2021.tems-system.com/eguide/jp/XR/details?id=67

ANTSEAT(アントシート)サイズ・スペックなど


アントシート(antseat)

・電源:24V100W電源(PSE適合100V-240V ACDCアダプター)

【サイズ、重量】
・高さ 180mm、幅 420mm、奥行き 420mm、重量 10kg
・動作表現 (2自由度)
・ロールピッチ±7°
・分解能:0.5°
・速度:ロール7°/秒、ピッチ7°/秒
・応答速度:60ms

【モーター耐久性】
・耐荷重:100Kg

【使用環境】
・使用温度:0℃~50℃
・湿度:20%~90%RH以下(但し結露なきこと)

【開発環境】
・制御装置 M5Stack/開発環境 ANTSEAT SDK

【制御インターフェース】
・LANイーサネット、WiFi

商品販売ページはこちら!(Yahoo!ショッピング)

法人/ビジネス向けEC「Mogura VR Store」でも販売しています!請求書支払いなど対応しています。

『Microsoft Flight Simulator』など多くのコンテンツに対応

アントシート(antseat)

SimTools(基本無料,一部有料)Sim Racing Studio(有料)に対応。

(※)2021年2月17日追記:Sim Racing Studio(有料) は対応予定となります。なお、対応する時期は未定です。

Project CarsシリーズやDirtシリーズなどのドライブシミュレーターからXPlane 11、Prepar3Dなどフライトシム、Microsoft Flight Simulatorなど、家庭用ゲーム機(据え置きゲーム機)やVRヘッドセットを含む80以上のコンテンツに利用できます(無料のANTSEAT AGENTをダウンロードする必要があります)。

https://www.youtube.com/watch?v=rqsY_3j2byw

ANTSEATは、2020年11月末頃の予約販売開始を予定しています。

使用する一部部品の調達に関する問題が発生したため「2021年1月中の予約販売開始予定」に発売時期を延期とさせて頂くことになりました。発売をお待ち頂いているお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【開発用SDK】対応言語/ゲームエンジン/OSなど

アントシート(antseat)
上記の開発言語、ゲームエンジン、OSに対応しています。

・タイムライン制御
アントシート(antseat)映像や音楽に同期させてシミュレータを動作させることが可能です。映画のシーンのタイミングに合わせて椅子が動くことで、体験型映画館を実装することができます。

・リアルタイム姿勢計算
アントシート(antseat)ソフトウェアから取得したカメラ情報や、追跡する対象物の移動情報をもとにSDKを用いて自動的にモーションシートの姿勢を計算します。

・軸挙動データ取り込み
アントシート(antseat)各種ソフトウェアから計測されたデータをANTSEATへ入力することで、運動を再現することができます。地震の波形CSVデータや車載カメラのGPXデータなどを解析し、モーションシートへ出力します。

・3次元入力制御
アントシート(antseat)3Dマウスと組み合わせることで、より直感に近い操作でモーションシートを制御することができます。また入力したデータはそのまま保存することができるため、効率的に挙動を製作することができます。

・GPIO制御
アントシート(antseat)ANTSEATはGPIOに対応していますので、ハードウェアの拡張が容易に可能です。ご利用用途に合わせて必要なオプションパーツを接続する事で様々な要望を実現します。

・無線通信制御
アントシート(antseat)
PCを介さずに動作するスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイと直接無線接続することで、機器構成をシンプルにした運用が可能です。

独自開発した特殊2軸構造

2軸にも拘わらず独自構造により企業向けモーションシミュレーターと同等、もしくはそれ以上のピッチロール±7度を実現。

反応性も非常に高くコンテンツとのラグは一切なく、快適に連動したモーションをお楽しみ頂けます。

体感を増長する強力な振動システム

ドライブシミュレーターならレーシングカーのリアリティ溢れるエンジン、フライトシムなら飛行機のコックピットに伝わる振動など、モーションによる体感を増長する振動システムを導入しています。

ANTSEATは起動後にコンフィグから実行でき、上級者向けに下記の細かい動きの設定が可能です。
・ピッチ強さ
・ロール強さ
・駆動のなめらかさを調整します。
・LEDの光り方を調整します(カラー選択)

ANTSEAT(アントシート)注意事項

・耐荷重の最大は100kgとなります。
・最大連続稼働時間は3時間となります。
・最大連続稼働時間を超える前に30分間休めて下さい。
・屋外での使用は想定しておりませんのでお止め下さい。
・ゲーミングチェアに乗せる際は45cm四方の製品をご用意下さい。
・ゲーミングチェアとの固定は付属のゴムバンドを必ずご使用下さい。
・使用可能な環境は0℃~50℃となります。
・湿度20%-80%の環境で使用してください。

ANTSEAT(アントシート)セット内容

・ANTSEAT 本体 x1
・ANTSEAT用ACアダプタ(100W) x1
・ご利用マニュアル x1(ドキュメントページで公開予定です)
・保証書 x1

商品販売ページはこちら!(Yahoo!ショッピング)

法人/ビジネス向けEC「Mogura VR Store」でも販売しています!請求書支払いなど対応しています。

サポートについて

ご購入日から1年間、製品保証いたします。

(※)製品の欠陥及び自然劣化による不具合発生時は、無料にて交換できます。なお保証規約外のカスタムをされている場合や中古購入時は無保証となりますので、ご注意ください。

(※)アーケードなど大量設置向けの法人保守サポートを別途ご用意しておりますが、施設にて途絶える事なくお客様を乗せるような「常設稼働」する耐久性は難しいです。常設稼働をご希望の場合は、同じ開発会社の4軸アーケード機(SYMVR)をご確認頂くか、ANTSEATのグレードをアップする形でのサポートのご提案となります。

FAQとお問い合わせはこちら

商品販売ページはこちら!(Yahoo!ショッピング)

法人/ビジネス向けEC「Mogura VR Store」でも販売しています!請求書支払いなど対応しています。


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

VR/AR業界の「イマ」を分かりやすく解説するニュース番組『もぐラジオ』

2020/09/30 11:00

保護中: 実験

2020/09/30 11:00