人から人へ憑依体験 スクエニ協力のVR作品

VR空間内のキャラクターに憑依し、視点から視点へと渡り歩くVR作品『ZONE EATER』が、11月2日より北海道・新千歳空港で開催する「第4回新千歳国際アニメーション映画祭」に展示されることが発表されました。

本作は、東京藝術大学大学院と株式会社スクウェア・エニックスの取り組みである「A to G プロジェクト(Animation to Game)」の作品の1つです。

『ZONE EATER』は、VR空間の中でさまざまな行動を取る人に憑依することで、部屋の中で起きる事柄に介入することができます。キャラクターたちは、会話や演奏、水撒きといった日常生活の延長線にある行動を取っており、体験者は人々に憑依することで、彼らの視覚や行動を盗み取ることができます。体験はVRデバイス「HTC Vive」を使用します。

同作品が体験できる「センタープラザ展示・ワークショップ」では、そのほかにもスマホのカメラ機能を使った音楽体験、アニメ声優アフレコ体験などを行えます。詳細は、公式サイトより。

開催の概要

開催期間

2017年11月2日~5日(VR体験は11月2日〜3日)

会場

新千歳空港国内線ターミナルビル2階 センタープラザ

時間

10:00~18:00

料金

展示・イベント全て観覧無料

交差式サイト

http://airport-anifes.jp/event/

(参考)
第4回新千歳国際アニメーション映画祭
http://airport-anifes.jp/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HTC ViveZONE EATER新千歳国際アニメーション映画祭

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com