ジョイポリスにくるゾンビシューティング『ZERO LATENCY VR』(ゼロ・レイテンシー)とは

ZERO LATENCY VR』(ゼロ・レイテンシー)

セガ・ライブクリエイションが運営する東京ジョイポリスが7月にオープンするVRアトラクションの1つ『ZERO LATENCY VR』(ゼロ・レイテンシー・ヴィーアール)が大きな話題となっています。本記事では『ZERO LATENCY VR』について解説をしていきます。

『ZERO LATENCY VR』はフリーロームのシーティングゲーム

『ZERO LATENCY VR』はオーストラリアのZERO LATENCY社が開発したVRゲームです。特徴はフリーロームで6人同時にマルチプレイできるシューティングゲームです。迫り来るゾンビを撃退するサバイバル・シューティング。プレーヤーは3つの装備品を着け参加します。

・ヘッドマウントディスプレイ
ZERO LATENCY VR』(ゼロ・レイテンシー)2016年6月時点、オーストラリアでのベータ版はOculus Rift DK2を使用している模様。頭頂部にセンサーがついています。今後どういった機材を使用するのかは不明。

・専用のライフル
ZERO LATENCY VR』(ゼロ・レイテンシー)散弾銃モードとスナイプモードを使い分ける

・バックパック型のPC
ZERO LATENCY VR』(ゼロ・レイテンシー)DELL社のゲーミングPCブランド「ALIENWARE」が協力

現実のフィールドは最大400平方メートル

オーストラリアにある『ZERO LATENCY VR』は巨大な倉庫の中でVR体験を行います。ヘッドマウントディスプレイでVR映像を見ながら、最大400平方メートルの現実のフィールドを歩き回ることができる、スケールの大きいVRゲームです。またギズモードによれば、倉庫の天井付近には128個のカメラが設置され、非常に正確なトラッキングを実現しているとのことです。

実際には、PlayStationの周辺機器であるPS cameraとPS moveコントローラーを応用した仕組みとなっています。

・DELLによる『ZERO LATENCY VR』の紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=ZD_GnLoMUBg

オーストラリアでは88豪ドルで45分間の体験時間

東京ジョイポリスでの『ZERO LATENCY VR』の料金やプレイ時間などは6月10日現在不明ですが、オーストラリアではそれぞれ88豪ドル(約7,000円)、45分~50分ほどのプレイ時間となっています。また、対象年齢は13歳以上とされています。

『ZERO LATENCY VR』は体験者によるSNSなどの口コミで話題になっており、サービス開始から約1年が経った現在でも予約が埋まっている日も多く、非常に人気な状況です。

日本での展開について

オーストラリアで稼動している『ZERO LATENCY VR』はベータ版で、7月に開始される日本の『ZERO LATENCY VR』は正式版となります。正式版の『ZERO LATENCY VR』の稼動はこれが世界初です。

・『ZERO LATENCY VR』公式トレーラー

https://www.youtube.com/watch?v=b871kq_tQKM

東京ジョイポリスでは1階(1st Floor)に設置されることが予定されています。実際のフィールドの地形や大きさなどは不明です。また、料金やプレイ時間、対象年齢なども不明。こちらの詳細などについては公式のTwitterアカウント(@Joypolis_VR)で、随時最新の情報を発信していくとのことなので、ぜひフォローしてチェックしてみることをオススメいたします。

(関連記事)
6人同時シューティングなど、7月より東京ジョイポリスにVRアトラクションがオープン

(参考)
東京ジョイポリス ZERO LATENCY VR ページ
http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/index.html

ZERO LATENCY VR 公式サイト(英語)
http://www.zerolatencyvr.com/

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/