ASUS、AR/VR両対応の新型スマホZenfone AR発表、2017年夏発売、価格は82,800円から

ASUS JAPANは、AR/VR両対応の新型スマートフォン「Zenfone AR」の日本発売を発表しました。プロセッサーにSnapdragon821、メインメモリは6GBと8GB搭載の2モデル。発売日は2017年夏、価格は82,800円からとなります。



2モデルが発表。8GB、128GBストレージ搭載モデルは99,800円(税別)、6GB、64GBストレージモデルが82,800円(税別)

「Zenfone AR」は、2017年1月に開催されたCESにて発表された新型スマートフォンです。そしてARプラットフォームTango、快適で高品質なグーグルのVRプラットフォームDaydreamに世界で初めて両対応したスマートフォンとして期待されています。

Tangoとは?

Zenfone ARの2つ目の特徴であるTangoは、こちらもグーグルが提供するARプラットフォームです。スマートフォンの背面に搭載された3つのカメラ(深度カメラ、モーショントラッキングカメラ、2,300万画素背面カメラ)により、空間構造やスマートフォンの動きをトラッキングします。こういったシステムにより空間(現実)を記憶し、マッピングしながら、デジタル情報を重ね合わせることができます。

2016年に流行した『ポケモンGO』では、カメラを使ってキャラクターのグラフィックを重ね合わせるだけでしたが、Tangoを使ったアプリケーションでは、天井や床、机などを認識し、その上に実際にキャラクターを登場させ、キャラクターが現実を歩き回るといったことが可能になります。

https://www.youtube.com/watch?v=AgSYwL-PjfE

Tango向けゲームの一つ『WOORLD』部屋の中を舞台にキャラクターが動き回る


3Dモデリングも可能


発表会で紹介のあった、家具を部屋に配置することのできる「RoomCo AR」Tangoテクノロジー対応版(株式会社リビングスタイル)

ASUSによると、対応アプリの数は30以上用意するとのこと。

Daydreamとは?これまでのスマホVRやVRゴーグルとの違い

Zenfone ARに搭載される「Daydream」は、グーグルが提供する新しいVRプラットフォームです。これまでスマートフォンで体験できていたいわゆる「スマホVR」や「VRゴーグル」をさらにアップデートさせたものです。Androidの対応スマートフォンと専用のゴーグル「Daydream View」により、快適で没入感の高い高品質なVR体験が可能になります。筆者がこれまでに体験した中では、Oculus Riftなどには及ばないものの、サムスンのGalaxy専用VRヘッドセット「Gear VR」でのVR体験と同程度となります。

アメリカ、ヨーロッパでは、2016年11月より、グーグルの純正スマートフォンPixelが対応して展開が始まっていました。日本ではモトローラのMoto Zが対応しています。なお、日本では2017年4月時点ではDaydreamを体験するためのヘッドセットが発売されておらず、Daydreamに関しては実質的に体験ができない状態です。


Zenfone ARのパッケージは、VRゴーグルとして使用できるが、Daydreamではなく、これまでのスマートフォンと同様にローエンドの「スマホVR」としての対応になる点には注意が必要。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ