VRデバイスでARも可能にする装着型カメラ「ZED Mini」

ステレオカメラなどの開発会社であるStereolabsは、PC向けVRヘッドセットであるOculus RiftやHTC Viveなどに装着することができる小型ステレオ深度マッピングカメラ「ZED Mini」の予約を開始しました。これを使用することで、Oculus RiftやHTC ViveをARグラスのように扱うことができるようになります。

ARの現状の問題点

スマートフォンで使えるAR機能としてアップルからARKit、グーグルからARCoreが登場しています。一方、マイクロソフトのHoloLensのようなハイエンドの没入型ARヘッドセットが消費者に届くまではまだ数年かかると考えられています。

広い視野でのAR体験のために

「ZED Mini」はVRヘッドセットに接続することが可能で、ARグラスが将来的にどのような体験を与えるのかをシミュレートすることができます。VRヘッドセットの視野でリアルタイムのトラッキングと環境マッピングを備えています。

https://www.youtube.com/watch?v=7mxoOR2nQi0

Oculus RiftまたはHTC Viveに取り付けられるように設計された「ZED Mini」には人間のIPD(瞳孔間距離)平均に近い65mmの感覚で取り付けられた2台のカメラがあり、快適なパススルーステレオ映像をVRヘッドセットにで見ることが可能です。

2台のカメラの視差から深度データを検出し、Stereolabs社によると、約15mまでの深度データ(奥行きのデータ)が撮影可能とのこと。

「ZED Mini」はすでに予約を開始しており、450ドル(日本円約5万円)で予約することができます。デバイスは11月に出荷を開始する予定であるとのことです。

(参考) Zed Mini Turns Rift and Vivr int an AR Headset From the Future/ROADTOVR(英語) https://www.roadtovr.com/zed-mini-turns-rift-vive-high-end-ar-dev-kit/

関連するキーワード: StereolabsZED Mini

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ