雪ミクが地面の上に Tangoを用いた『ミク☆さんぽ』で実証実験がスタート


KDDI株式会社と、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションの一環として、2017年2月10日から2月12日まで、「雪ミクスカイタウン」および「サッポロファクトリーアトリウム」 の両会場において、3DカメラによるAR体験を実現するGoogle社の「Tango」テクノロジー (以下、Tango) の空間認識技術を活用し仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を実施します。

『ミク☆さんぽ』で雪ミクと一緒に散歩

実験概要

同実験では、「雪ミク (初音ミク)」(以下、雪ミク) をキャラクターとして起用。体験者がTangoに対応したスマートフォン「Lenovo Phab 2 Pro」で専用アプリ『ミク☆さんぽ』を起動し、かざすことで、3Dで作成した等身大「雪ミク」が、地面の上に立っている姿が、スマートフォンの画面に表示されます。

さらに、「雪ミク」をあらゆる角度から見ることができたり、一緒に散歩したりすることができます。

また、体験者がかざすスマートフォンのカメラに映っている展示の絵など、周囲の環境に「雪ミク」が反応することで、あたかも「雪ミク」が現実にいるかのような体験が可能になるとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=ITzJU7QNu_w

体験イメージ動画

サッポロファクトリーアトリウムでは、2017年2月11日から2017年2月12日まで、同実験の一環として「雪ミク」が歌って踊る姿をあらゆる角度から見ることができるデモンストレーションを体験することができます。

両イベント会場ともに、「雪ミク」が楽曲に合わせて歌って踊る姿を体験用スマートフォンで撮影し、写真をその場でダウンロードすることができるとのこと。

Tangoとは

Tangoは、Googleが開発したAR技術です。スマホに搭載されたカメラとセンサーにより、周囲の現実空間をリアルタイムに認識することで、マーカーを使わずに現実空間に仮想物体を重ねて表示することができます。
今回の実験では仮想物体として「雪ミク」が現実世界に表示されます。

「au × SNOW MIKU 2017 ミク☆さんぽ」開催概要

雪ミクスカイタウン

期間

2017年2月10日(金) 13:00~19:00
2017年2月11日(土)  9:00~19:00
2017年2月12日(日)  9:00~19:00
体験内容
一緒にギャラリーめぐり、雪ミクと一緒に記念写真
場所
北海道 新千歳空港ターミナルビル4F

サッポロファクトリー アトリウム

期間

2017年2月11日(土) 10:00~18:00

2017年2月12日(日) 10:00~18:00

体験内容
歌って踊る雪ミクをいろんな角度から楽しんだり写真撮影

場所 
札幌市中央区北2条東4丁目

※両会場ともに体験料は無料です

さらに、体験者には先着順で特製ステッカーがプレゼントされます。

(関連記事)

(参考)
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/02/07/2278.html

https://www.au.com/lp/mikusanpo/?aa_bid=co-prowm-pr-0022

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ