gumi、VRゲーム開発の「よむネコ」グループ会社化

3月10日、ゲーム及びVR関連事業などを行うGumiは、VR脱出ゲーム『エニグマスフィア』の開発などを行う「よむネコ」をグループ会社とすることを発表しました。

Gumiはこれまで、VR事業において、VRスタートアップ向けに資金提供やアドバイスなどを行う「Tokyo VR Startups」や、同社が参画するアメリカの投資ファンド「The Venture Reality Fund」などを通した事業展開を行っていました。

同社は今後、VR事業における更なる事業展開を図るため、自社VRゲームの開発を推進する必要性を判断し、よむネコへの出資実行及び出資価値の最大化を図るべく、3月10 日付にて、よむネコのグループ会社化を行ったとのことです。

よむネコの制作した『エニグマスフィア』は、VRヘッドマウントディスプレイ「OculusRift」向けのハンドコントローラ「Oculus Touch」のローンチ時における、全30本の配信タイトルの1本に選定されています。

https://www.youtube.com/watch?v=Nw7dt0h7xEw

また、同作品は3月20日より、大阪の梅田に展開している屋内型テーマパーク「梅田ジョイポリス」での常設出展が開始される予定です。

(参考)
プレスリリース
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid;=1450035

決算説明会資料http://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20170310_042945418_uc3hlsmkfzazovqk4kk2p345_0.pdf

関連記事はこちら

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ