イルミネーション輝くクリスマスの街をVRで 12K3D360撮影してみた

テレビや雑誌で特集されるクリスマスイルミネーションは確かに綺麗ですが、人の多い混雑は苦手という方も多いのではないでしょうか。また、東京、大阪、京都、神戸、福岡や札幌など日本各地のクリスマスの景観を全て見て回るのは、限られた期間ではなかなか現実的ではありません。しかし、3Dの360度写真をVRゴーグルで見れば、まるでその場にいるかのような体験が生まれます

今回は、先日のアップデートで12K撮影が可能になった360度カメラ「Insta360 Pro」で、東京恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションの様子を撮影してきました。なお、本記事の360度写真の埋め込みには『ハコスコ』を使っているため、解像度を8Kに落とした静止画をアップロードしています。12Kの360度静止画はこちらからダウンロードできます。ぜひ、Oculus RiftやHTC Vive、Gear VRなどを所有する方は、12K360度静止画をご覧ください。

この記事の3D360度写真の楽しみ方

ウェブブラウザから見る場合は、写真をマウスでドラッグすると上下左右360度に動かすことができます。スマートフォンで見る際は写真に指を滑らせることで、見回せます。また、ブラウザで見ると平面の2D写真ですが、スマホアプリ『ハコスコ』とVRゴーグルを使用すれば立体感のある3D写真を楽しめます。また、Google CardboardなどのVRゴーグルでご覧になる場合は、ゴーグルを動かすことで上下左右360度を見回すことができます。

※ハコスコアプリ:iOS版Android版
※スマートニュースなどの外部配信でご覧になっている方は、360度写真を見ることができませんので、こちらよりGoogle Chrome等のブラウザでご覧ください。

昼すぎの恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーション

JR恵比寿駅の東口から恵比寿ガーデンプレイスへとつながる歩く歩道「恵比寿スカイウォーク」を出ると、赤煉瓦のレトロな建物のビヤガーデンや近代的な高層ビルの恵比寿ガーデンプレイスプレイスタワーが目の前に。昼すぎ頃の時間に、恵比寿ガーデンプレイス入り口付近に「Insta360 Pro」を設置して撮影を行いました。

今回の12K撮影では、5枚の連写機能を使用して12K写真を作成するため、足場をしっかりと固定する三脚が必要になります。また、非常に混雑する場所なので人の邪魔にならないように気を付けなければいけませんでした。

撮影当日は、晴れた野外撮影だったこともあり、足もとのレンガの質感や恵比寿ガーデンプレイスを囲う樹木の葉など、8K静止画でも非常に綺麗に再現されています。また、風景写真を撮影するのに、スマホとWi-Fi接続で撮影できる「Insta360 Pro」の機能は便利でした。

1 2 3 4
Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: 360度カメラ撮影レポートInsta360 Proクリスマス

この記事を書いた人

  • VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いと360動画の狩人を担当しています。

    Twitter:@oo2gu

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!