Xiaomi、3,000円の高性能なスマホVRヘッドセットを発表

中国の家電メーカーXiaomiは、北京で開催された新製品発表イベントで、スマートフォン向けVRヘッドセット「Mi VR」を発表しました。同社のスマートフォン向けのデバイスとなります。
Xiaomi
外見はソニーのPlayStation VRと似ており、頭への装着方法は同様ですが、性能面ではサムスンとOculus が開発したGear VRと近いと考えられます。スマートフォンの端子と連結し、ヘッドセットに搭載された各種センサーが頭を動かしたときの快適性などをサポートします。

また、Mi VRは9軸センサーを搭載したモーション・コントローラーが付属、コントローラーにはタッチパッドも搭載しています。Mi VR自体の価格は199元(約3,000円)。中国向けに販売されます。
Xiaomi
 
Xiaomi

公開された画像等からは、16ms(ミリ秒)以下の低遅延を実現していること、Gear VRと同じく着脱を判定するセンサーがあることも分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=YwGfqVpdIyc

なお、Mi VRは500以上の360度動画、30以上のアプリをローンチ時に予定。200以上のデベロッパーが中国版YouTubeとも言うべきサービスYoukuにてコンテンツを開発しています。Youkuは既に360度動画のアップロード・再生に対応。Mi VR向けのコンテンツストアは「Miui VR」という名称で展開予定です。

Xiaomiは、グーグルが11月より展開するプラットフォームDaydreamのパートナー企業としても名を連ねています。今回のMi VRならびに対応スマートフォンと関係があるのかは不明です。

Xiaomi

(参考)
Xiaomi Unveils Low-Cost, Low-Latency VR Headset with Controller
http://www.roadtovr.com/xiaomi-unveils-low-cost-low-latency-vr-headset-controller/

※MoguraVRはRoad to VRのパートナーメディアです

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 中国

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii