Xbox OneのゲームをVRの大画面でプレイ可能に

マイクロソフトは、Xbox OneのゲームをVR環境の仮想スクリーンでプレイする機能を実装したと発表しました。本機能は、PCに接続されたVRヘッドセットを使うことで利用可能です。

マイクロソフトは、ValveとのパートナーシップやWindowsは2017年にサードパーティ製の新型VRヘッドセットを公開することなど、Windows 10に関する発表を先日行っています。

さらに、VR対応と4Kゲーミングの実現を謳う新型Xbox「Scorpio」は、高忠実度のVRを提供のために設計されており、2017年に発売中されます。

今回の実装では、Xbox Oneの所有者が、PCに接続したVRヘッドセット内でゲームをプレイが可能になりました。Oculus Riftを着用した人の見る仮想スクリーンにレースゲーム『Forza Motorsport』を投影したデモンストレーションも行われました。この機能はOculus RiftとXbox Oneの所有者だけが利用できます。

https://www.youtube.com/watch?v=cvzYaTgqxRY

この機能を試したいユーザは、Oculus Homeからアプリケーション「Xbox One Streaming」を入手することで利用できます。 このシステムでは、3種類のスクリーンを選ぶことができ、視点も調整可能です。

Xbox One と互換性のあるXbox 360ゲームなど、Xbox Oneでプレイ可能なゲームをVRゲームのライブラリーに追加できます。

 なおXbox One Streamingを使用するにはXbox One本体をPCと同じネットワークに接続する必要があるとのことです。

(参考)

Xbox One Owners Can Now Stream Games in VR Via PC

http://www.roadtovr.com/xbox-one-owners-can-stream-games-vr-via-pc/

※MoguraVRはRoad to VRのパートナーメディアです

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ