第二次世界大戦期のイギリス軍艦「HMS Cavalie」を360度バーチャルツアー体験

Wargaming社が運営するオンライン海戦ストラテジーゲーム「World of Warships(WoWs)」は、イギリス・ロンドンにある造船所「Chatham Historic Dockyard」協力のもと、360度動画「VR 体験: HMS Cavalier」プロジェクトの発表をしました。

本プロジェクトは、第二次世界大戦で使用された最後のイギリス海軍C級駆逐艦HMS Cavalierをグーグル社がリリースしているギャラリーアプリ『Google Arts & Culture』のプラットフォームを使用することで、360度見回しながら歩けるバーチャルツアーが体験できます。

https://www.youtube.com/watch?v=cypnxvsl0N0



今回のバーチャルツアーでは、司会のダン・スノー氏とWargamingのミリタリースペシャリスト、リチャード・カットランド氏の案内のもと、「機械室や作戦室」といった普段見ることができないような部屋を見たり、機器の解説を聞いたりすることができます。

作戦室は本艦の目と耳であり、神経中枢でもあります。第二次世界大戦中は、ソナーとレーダーの情報を統合する「戦闘情報質」と呼ばれていました。

本艦に搭載されている最高9.5マイルの射程距離を持つ「A砲」は、Cavalier元搭乗員であり作家のバリー・ネール氏の解説とともに眺めることができます。こうした歴史的な戦艦や当時の話を360度動画を通して見ることで、実際に現地に行ったような体験ができるのは嬉しいですね。

なお360度動画を活用した観光は、株式会社360Channelが提供している360度動画配信サービス「360Channel」にて、国の重要無形民俗文化財である、秋田県「男鹿のナマハゲ」なども行われています。

(参考)
VR 体験: HMS Cavalier

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com