WorldVisによる50m×50mのトラッキングシステム、UnityとUE4に対応して発売

アメリカの企業WorkdVisは2016年6月に、同社の開発する倉庫スケールのトラッキングシステム(PPTシステム)を、UnityとUnreal Engine4に対応させてリリースすることを発表しました。これらのゲームエンジンにで開発できるVRデバイスでPPTシステムを使えば、50m×50m程度の範囲での広範囲なトラッキングが可能となります。価格は1万5千ドルからです。

https://www.youtube.com/watch?v=U_Jwk1698pQ

Precision Position Tracking(PPT)システム

WorldVis

WorldVisは1990年代からVR技術の研究・開発を行ってきた会社です。PPTシステムは、彼らが長年開発をしてきたシステムで、以下のような特徴があります。

50m×50mという倉庫規模のトラッキング範囲
最大10人(個)同時にトラッキング可能
・毎秒240回の位置測定を行うカメラで、数ミリメートル単位の正確なトラッキング
・軽くてどこにでもつかられる位置センサー(写真内の白い球体)
・軽くて使いやすい、専用のハンドトラッキングコントローラー

今回の発表はこのPPTシステムを、Unity 5とUnreal Engine 4上で使用できるようにするというもの。UnityやUnreal Engineは、VRコンテンツの開発において頻繁に用いられるゲームエンジンです。

PPTシステムはこの発表を持って、1万5千ドル(およそ150万円)から販売を開始。カメラやセンサーの数に応じて価格は変わるとのこと。UnityとUnreal Engineへの対応は、来月6月末までにリリース予定です。(WorldVis公式サイト内PPTのページ

https://vimeo.com/136629360

(PPTを用いて、広い部屋を歩き回っている)

より広範囲を精確に動きまわることを可能にするVR向けのシステムはOptitrakUnlimited Corridorなど様々なものが登場しています。その範囲と正確さ、価格がデバイスによりかなり異なるため、それぞれしっかりと見極めたいところです。

(参考)
WorldViz Brings “Warehouse-Scale” Motion Tracking to an Array of VR Headsets via New Unreal and Unity Integrations – WorldVis公式ブログ
http://www.worldviz.com/motion-tracking-unreal-and-unity-integrations/

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

この記事を書いた人

  • 東京大学工学部,UT-virtual所属.趣味は音楽(作詞作曲編曲)や物語の創作.ストーリーテリングや人間の振る舞いを変化させるための強力なツールとしてVRに強く惹かれています.境界が曖昧なものと予測不可能なもの,そしてvirtualという概念が好きです。

    Twitter:@yunoLv3

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!