目の前でダンスパフォーマンス WORLD ORDERの360度PV第2弾が制作中

レコチョクの研究開発機関「レコチョク・ラボ」は、スイスのウォッチメーカー「TISSOT」と、パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」がコラボレーションをした、360度映像のPVの制作で、監修を担当します。

「TISSOT」と「WORLD ORDER」は昨年にもコラボしており今回のPVは第2弾となります。

https://www.youtube.com/watch?v=5XRaMP4QPwU

昨年のコラボPV、ユニークなロボットダンスが特徴です。

VRの映像制作に合わせて9つのプランが展開

レコチョクが運営する「WIZY(ウィジー)」は、PVの制作に合わせて、VR映像の視聴を手軽に体験できるオリジナルデザインVRゴーグル、VR動画撮影見学ツアー、完成記念イベント参加などを組み合わせた9つのプランを提供するプロジェクトを開始します。

申込期間は2月17日~3月15日 23時59分となります。
プロジェクトサイト https://wizy.jp/project/16/

PV制作について「WORLD ORDER」は、以下のようにコメントしています。
「これまで私たちは、数多くのミュージックビデオを制作してきましたが、どの作品も初めての挑戦となるようなものばかりでした。今回は、「レコチョク・ラボ」の最先端の360度VR技術を用いた「TISSOT」とのプロモーションビデオ制作にチャレンジします。まるでWORLD ORDERが目の前でダンスパフォーマンスをしているような体験を皆さんにお届けできると思います。ぜひ、新しい感覚をお楽しみ下さい。」

完成した映像は、YouTube TISSOT 公式チャンネルで4月上旬公開予定です。

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ