Google、「Cardboard」用アプリを体験できるHMDを見分けるための取組スタート

Googleは、スマホで手軽にVRを体験できる「Cardboard」の設計図を提供しています。誰でも手軽に体験できるVRを目指してCardboardのプロジェクトを進めています。昨年7月の発表以来、多くのスマホ用VRHMDが現れました。Android向けのGoogle Play Storeでは、CardboardでVRの体験ができるアプリが多く並んでいます。しかし、どのVRHMDとアプリを使えばちゃんとしたVRが体験できるのかは、特に確実な情報がなく、ユーザーが自分で見定める必要がありました。

そうした状況に鑑み、Googleは、Cardboardアプリが正常に動作するかどうかを見極めるためのシステム「Work with Cardboard」を開始しました。

th_スクリーンショット 2015-04-17 17.04.42Google Cardboard公式サイトに出現した「Work with Cardboard」の紹介

「Work with Cardboard」にはVRHMDを生産するメーカーはGoogleのウェブサイトより誰でも参加可能。HMDに貼り付けるためのQRコードをGoogleのウェブサイトで生成できます。ユーザーがそのQRコードを読み取ると、ストアに並ぶアプリのうち、そのHMDで快適に体験できるアプリが並ぶ仕組みです。

th_スクリーンショット 2015-04-17 17.57.43Google Cardboard公式サイトに並ぶ、「Work with Cardbord」に参画しているHMD

この仕組みより、Cardboardによるより適正なVR体験が広がっていくことが期待されます。

http://www.google.com/get/cardboard/manufacturers.html

(参考)
Google Cardboard 公式ページ
http://www.google.com/get/cardboard/index.html