Windows MRヘッドセット、SteamVR対応は2017年末

マイクロソフトは現在、複数のパートナー企業と協働してVR体験が可能なWindows MRヘッドセットを開発しています。10月3日にサンフランシスコにて開催されたマイクロソフトのWindows Mixed Reality関連のイベントでは、これらMRヘッドセットのプレオーダーの開始がアナウンスされました。

また、先日はWindows MRヘッドセットがSteamVRコンテンツへ対応することが発表されました。今回新たに公表された情報によると、SteamVRへの対応は2017年末を予定しているとのことです。


SteamVRへの対応は2017年末、開発者向けのベータ版が公開

同社の発表によると、Windows MRユーザーがSteamVRコンテンツをプレイ可能になるのは2017年末とのことですが、現在Windows MRに対応したSteamVRのベータ版が開発者向けに公開されています。SteamVRへ対応することによって、ユーザーはSteam上の様々なVRゲームのヒット作をWindows MRヘッドセットでプレイすることができます。

MRヘッドセットに対応するタイトルは複数発表されており、『Superhot VR』や『Arizona Sunshine』、『Rec Room』などの複数のヒット作VRゲームをプレイすることができます。また、Windows MRに対応したタイトルやプラットフォームの一覧も発表されています。

マイクロソフトが複数の種類のMRヘッドセットをリリースし、さらに世界最大のゲーム配信プラットフォームであるSteamに対応することで、VRヘッドセット市場の競争が加速することが予測されます。

(参考)
Road to VR / Update: Steam Support for Windows VR Headsets to Arrive Before End of Year(英語)
https://www.roadtovr.com/report-microsofts-windows-vr-headsets-wont-support-steamvr-launch/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

関連するキーワード: MRヘッドセットSteamVRWindows MR

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ