【体験レポ】かくれんぼがたまらない癒しの体験『ラスカルVR』

スターリング少年とあらいぐまのラスカルとの1年間の生活を描いたアニメ『あらいぐまラスカル』は、1977年の放映から今年で40周年を迎えます。

40周年を記念して制作されたVRゲーム『Where’s Rascal(ラスカルはどこ?)』(株式会社 エムズプロ合同会社 アイリス)が今冬に全国のVR施設で展開することになりました。

本格的な展開を前に、2017年9月16日から10月1日の土日祝日に、渋谷・東急プラザ表参道店で体験会が行われていました。

ラスカルを探せ

あらいぐまのラスカルは、日本アニメーション株式会社が制作したアニメ『あらいぐまラスカル』の主人公です。アニメを見たことがある人はおなじみ、スターリング少年に赤ん坊の頃拾われ、ラスカルと名付けられました。やんちゃで好奇心旺盛な子です。

『Where’s Rascal』はスターリング少年の家の中で隠れるラスカルを制限時間内に見つけるゲームです。アニメで見たスターリング少年の家の中に入ることができ、意外なところに入り込んでいるラスカルを探せるゲームとなっています。ラスカルと一緒に遊ぶことができる、ファンにとっては嬉しい体験です。

『Where’s Rascal』はルームスケールで歩いても体験できますが、今回は体験場所が狭いこともあり、椅子に座ったままの体験でした。

スターリング少年の家の中にはカヌーが置かれ、暖炉があり、隠れやすそうな場所が多くあります。

ワープで部屋の中を移動し、家具に近づいてアイコンが出現した場所をタッチすると、引き出しが開いたり、扉を開くことができます。

部屋の隅や、家具の中や隙間に隠れているラスカルを見つけたら、コントローラーを持った手を近づけると、「トリガーを引いて!」というアイコンが出現。トリガーを引くとラスカルを捕まえたことになります。

隠れた場所でラスカルの後ろ姿の可愛さを堪能したら、コントローラーのトリガーを引きます。

コントローラーは手の形だけでなく、ラスカルの好物であるトウモロコシ、キャンディー、ザリガニに変化します。好物で隠れたラスカルを誘うことができます。

ラスカルを捕まえると、アイテムによってラスカルのリアクションが変わるところも見どころ。

チャレンジは全部で3回あります。時間がかかると、ラスカルが鳴き声をあげて隠れている部屋を教えてくれます。部屋の中のどこにいるかは白い足跡で分かるようになっています。時間が経ちすぎてしまい、お邪魔キャラクターとして、カラスが出現し襲われるとチャレンジ失敗となります。

P9307635.JPG
P9307638.JPG

3回のチャレンジが終わると、目の前のテーブルに乗ったラスカルを制限時間一杯、撫でることができるご褒美タイムになります。ラスカルの頭やあごの下などを撫でてあげると甘えた鳴き声をあげたり、顔を見つめるなどファンにとってはたまらない時間です。

VRゲームを多く体験している人にはかなり簡単ですが、VR内でラスカルと触れ合う体験は、ラスカル好きやVR体験が初めての人には楽しい体験になるのではないでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=M9dOJd5w1fc

この記事を書いた人

  • アニメや特撮、VR・ARが好きなだけな人です。Oculus等HMD、VR・ARの魅力を沢山の人に広めていければと思っています。

    Twitter:@kure_kure_zo

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ