米WEVR社、VRコンテンツの開発支援に総額100万ドルのプログラムを立ち上げ

VRコンテンツの制作を手がけているアメリカのWEVR社が、VRコンテンツの開発を支援するため、総額100万ドル(約1億2千万円)のプログラムを立ち上げました。

WEVR社は、サムスンのGear VR向けやHTCのVive向けに 『theBlu』や『Space Shuttle Endeavour』などの体験コンテンツを開発しています。

image00海中でクジラなどの生き物が間近に迫ってくる3Dアニメーション『theBlu』

今回発表したプログラム「OnWEVR」では、VRのコンテンツをつくろうとしている作家に、1プロジェクトあたり5,000ドル~50,000ドル(約60万円~600万円)の支援を行います。また、出資したプロジェクトは、WEVRが開発した再生用のプレイヤーとコンテンツを配信するためのプラットフォームを使うことになります。彼らは、今回の基金の立ち上げにより、VRコンテンツの制作をより加速させたいとしています。

WEVR社のCEO Neville Spiteri氏は「VRのコンテンツ制作者に出資することによって、マーケットにより速くVRのコンテンツを提供する道筋を作りたい。そしてコラボレーションによって多くのことを学ぶだろう」と述べています。

支援の対象となるプロジェクトは、数分間の体験であることとWEVRのメディアプレイヤーを再生に使用することとされており、簡単な紹介のスライドとコンテンツの流れが分かる動画の提出が必要とされています。

既にWEVRははいくつかのプロジェクトへの出資を決めています。
先日紹介したエピックゲームズのUnreal Dev GrantもVRのコンテンツを含む開発資金の支援を目的としているものです。VRのコンテンツを対象とする基金が増えてくることで、コンテンツ制作の活性化に期待したいところです。

Written by 久保田瞬(すんくぼ)

(参考)
WEVR公式サイト(英語)
http://wevr.com/