利用者10億人 中国のメッセアプリWeChatもARへ


中国最大のメッセージアプリ「WeChat(微信)」は、メッセージの送受信から料金の支払いまで様々な用途で使われています。現在、Wechatに対応した独自のARプラットフォームの開発が進められています。



Tech in Asiaによると、WeChatアプリの開発企業であるテンセントは、同アプリに対応したARプラットフォームの開発を進めています。ARフレームワーク『QAR』を用いたプラットフォームではサードパーティの開発者によるARアプリを公開することが可能になります。

WeChatは現在10億人に近いユーザーがおり、中国国内のいくつかの都市ではWeChatを用いて医者の予約を取ったり、光熱費や交通機関の料金の支払いにも利用することが可能で、国内で大きなシェアを占めています。

中国国内のモバイルAR市場を独占するか

WeChatが独自のARプラットフォームを開発する理由として、中国政府による国内での規制が挙げられます。中国ではフェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNSは規制のためアクセスできません。またGoogle Play StoreやApp Storeなどのアプリ配信プラットフォームにも大きな制限がかかっています。

アップルやグーグル、フェイスブックなどはスマートフォンを使い空間を認識するAR機能の実装を進めていますが、中国国内では利用できない状況です。このため、WeChatのARプラットフォームが中国国内のモバイルAR市場のニーズを埋める役割を果たします。

また、テンセントは今年4月にはWeChatアプリ内で使用できるアプリストア「WeChat Mini Programs」も公開しており、同社独自の市場を築こうとしている姿勢が伺えます。

WeChatのARプラットフォームに関しては実装日など詳細は定かではありませんが、アップルやグーグルなどの手が及ばない中国国内でのモバイルAR市場で大きな存在感を示す可能性があり、今後に注目されます。

(参考)
Road to VR / China’s Largest Messaging App ‘WeChat’ is Creating its Own AR Platform(英語)
https://www.roadtovr.com/chinas-largest-messaging-app-wechat-creating-ar-platform/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

関連するキーワード: WeChat

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!