アプリではなくブラウザでVR Android版Chromeが「WebVR」に正式対応

Googleは、ブラウザ上でVRコンテンツが楽しめる「WebVR」をAndroid版Chromeブラウザ向けに正式リリースしました。現在、対応しているVRプラットフォームはグーグルの「Daydream」(日本では未展開)です。

ブラウザでそのままVRが楽しめる

Android版ChromeのWebVR対応は12月から試験的に導入されていましたが、今回正式にサポートが開始しました。

3DスケッチのSketchfab、実写空間のMATTERPORT、ブラウザゲームのPlayCanvasといったWebVR対応サイトにアクセスして、Daydreamヘッドセットを装着するだけで、アプリのインストールなしにVRコンテンツを体験することができます。

WebVRの利点はインストールが不要なだけでなく、リンクアドレスを通して別のコンテンツを手軽に行き来できることにもあります。

WebVRはChrome for Androidを最新版にアップデートすることで利用可能です。

(ブラウザゲーム配信サイトPlayCanvasより『Web VR Lab』)

Firefox、Google(Chrome)、Microsoft(Edge)などの主要ブラウザはWebVRに参入しており、今回のChromeへのWeb VR正式サポートはVRのWeb標準化への大きな一歩となると考えられます。

現在はDaydreamのみの対応で、非対応環境ではタッチスクリーンを用いて同様のコンテンツを楽しむことができるようになっています。Daydreamは日本では未展開のため日本で体験することはできません。

Googleは、現在VRゴーグルで体験できるスマホVR「Cardboard」、あるいはOculus RiftやHTC ViveなどPC向けVRでのWebVRの正式対応にも取り組んでいるとのことです。

(参考)
Road to VR / WebVR Officially Launches on Chrome for Android with Daydream Support(英語)
http://www.roadtovr.com/webvr-officially-launches-on-chrome-for-android-with-daydream-support/

※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ