アニメ・ゲームの360度写真に自分を合成 新商品PRに活用

憧れの街や、アニメやゲームなどの非現実的な世界にあたかも自分がいるような360度フォトを撮影することが可能な「#WARP」がリリースされました。

「#WARP」を運営する株式会社SnSnapは、企業や新商品などのプロモーションを目的としたイベントに提供することを想定しているとのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=aj4PLJCdt6k

SnSnapは、SNSフォトプリントサービス「#SnSnap」をはじめとしたSNSを活用したマーケティングやプロモーションのサービスを展開しています。

「#WARP」は、全面グリーンバックで内装されたボックスの中で360度カメラを使用し撮影を行い、あらかじめ用意した360度写真と合成し、まるで非現実的な世界にいるかのような360度フォトを生成。アーティストのライブや映画の舞台へ、ゲームやアニメの世界へワープしたような写真を作成することができます。

なお、「#WARP」で生成された360度フォトのデータは、専用端末でリアルタイムにユーザーへ送ることが可能となっています。

(参考)
SnSnap、シェアできる360度フォトサービス「#WARP」を新たにリリース! / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000015604.html

関連するキーワード: #WARPSnSnap

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ