VR/ARコンテンツを簡単に制作できるプラットフォームを開発中のWakingApp、430万ドルを資金調達

イスラエルのWakingAppは、シリーズCラウンドの投資により、430万ドル(約5.1億円)を資金調達したことを明らかにしました。

image201511241520071

WakingAppは、VRやARのコンテンツを誰もが簡単に制作できるようなプラットフォームを開発しています。彼らの開発しているアプリ「ENTiTi」は、ドラッグ&ドロップによって色々なオブジェクトを配置したり、動きを決めたりといった操作ができるとしています。既に公式サイトから無料でダウンロード可能です。

制作したアプリは、共通のプラットフォームで共有することで、スマートフォンの同名アプリ「EnTiTi」やスマートグラスなどで使うことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=ZAZhFEQ-AN8

今回、WakingAppへの投資を率いていたのは、中国のインターネット企業Youzu Interactiveです。同社の投資部門のディレクターDaniel Chen Fan氏は「この分野はこれから3年で13000%伸びるでしょう。5年後には1500億ドルの市場になっていると考えています。中国市場におけるAR/VRコンテンツの制作における参入障壁をWakingAppが克服できると考えています」と伸べています。

VR分野でも、より簡単にコンテンツを作れるようにする動きは始まっています。今後もその流れは続いていくと考えられます。

関連記事:マインクラフトのような開発キットやUnity向けのVR制作ツールキットが登場。より簡単にVR世界を創れるように。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/