VRクリエイティブアワード2015の一次審査結果が発表。通過作品には進撃の巨人や初音ミクも

6月6日、東京御茶ノ水にあるデジタルハリウッド大学にて、VRCクリエイティブアワード2015の受賞者発表が行われます。このアワードは、これからのVR業界を牽引するVR作品やクリエイターの発掘、認知度向上や活動支援を目的としています。表彰に向け、一次審査通過作品が発表されています。パノラマ部門、CG部門、インタラクティブ部門の3つに分かれていますが、その中で面白そうなコンテンツを部門別にいくつかピックアップしました。

パノラマ部門

RE:MINISCIA


従来型の映像とVRの組み合わせによって制作された、実写VRで物語を語るための手法を模索したトライアル作品。役者はGoPro10台を頭に配置して演技をしつつ撮影を行っています。

Sports Virtual Reality with JackIn Head


新しいスポーツの見方を提案した作品。トップアスリートの超人的な速さや強さを全方位VRで体験できるようになっています。パノラマ動画共有サイト「PanoPlaza Movie」では累計10000再生を超えています。

CG部門

「進撃の巨人展」360° 体感シアター “哮”


圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達の戦いを描いた、進撃の巨人の世界に没入できます。3DCGによって作りこまれた街と、VR内で立体機動装置を装着して駆け抜けるシミュレーションは必見です。

ロートデジアイ 初音ミクVR Special LIVE


ニコニコ超会議などでも話題を呼んだ作品。10人同時にoculus Riftを装着し初音ミクのLIVEに参加できます。初音ミクの可愛すぎる3Dモデルが手を振ってくれます。

ヤフー トレンドコースター


「トレンドの波」に乗る事ができる新感覚の体験型アトラクション。リアルタイム検索の投稿件数グラフがVR内でジェットコースターのコースに生まれ変わるという、検索サイトのヤフーならではの独創性に溢れた作品です。

インタラクティブ部門

GODSPEED VR


1949年から、ボンネビルスピードウェイという場所で行われる、特別なレーサーのみに許されたスピードトライアル「ボンネビルスピードウィーク」をVR内で再現されています。音響、振動、風まで再現されているので、体験者はそのスピードに引きこまれていきます。

11_OcumaRion!


様々なキャラクターをVR内に読み込み、お人形遊びができます。人形型デバイス「QUMARION」と「OculusRift」の組み合わせで実現しています。3D酔いなどの対策もされており、小さなお子様でも遊べるように作られているそうです。

HADO


ヘッドマウントディスプレイとスマートウォッチをつけ、体を動かす事によって「魔法が使えるようになる」なります。目の前に現われたクリスタルからの攻撃をかわし、そのクリスタルを複数のプレイヤーで壊しあうゲームです。

他の一次選考通過作品は、VRCアワードの公式サイトにて確認できます。

(参考)
VRCアワード公式サイト
http://vrc.or.jp/award/

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/