パックマンをVRで再現。スマホアプリ開発のクラウドファンディングが開始

ナムコが1980年にリリースしたアーケードゲーム『パックマン(PAC-MAN)』。36年の時を経て、VRでパックマンの世界を体験できるようになります。

https://www.youtube.com/watch?v=fQyrIqZEfeE

株式会社WHITEはスマホアプリ『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』の開発を進めています。この『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』は、VRゴーグルMilboxTouchを装着して、「パックマン」を360度楽しめるVRゲームアプリ。「パックマン」の世界に飛び込み、「パックマン」目線で迷路を進んでいきます。

クラウドファンディングはこちら

パックマンのステージを有名な256面のバグも含め、当時のゲームをまさに最新技術を使って完全に再現することを試みています。クラウドファンディングは、iOS版の開発に向けた資金集めに向けてとのこと。

image201602171653223

image201602171653291

image201602171653262

image201602171653355

今回のアプリはスマートフォン単体、そしてスマホ用のVRデバイスMilbox Touchを使って体験することができます。Milbox TouchはWHITEと明治大学が共同で開発したスマホVRデバイスで、最大の特徴は、タッチインターフェースを実装していること。筐体側面に導電性インクで印刷されたパターンを触ることで、ゴーグル内に設置したスマートフォンを操作することができます。このパターンの触り方を変えることで、ゴーグル上から、タップやスクロール、スワイプといった様々なスマートフォンの入力操作をすることが可能になります。

image201602171702234

これまでスマホVRデバイスの課題として画面操作ができないないし非常に限られることが課題でした。Milbox Touchはその課題に対する答えとして外部からの快適な操作入力を実現するとしています。

『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』では、タッチセンサーをぐるぐる時計回りに触ると前進し、反時計回りで後ろに進むという操作になります。

Milbox Touchは4月に2,000円で発売予定。『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』のAndroid版(300円)も合わせてリリース予定。iOS版は5月のリリースを予定しています。

クラウドファンディングの報酬の一例は以下のとおり
◇【早割①】Makuake限定デザインMilboxTouch+アプリ1名分 (1,600円)(記事執筆時点で既に完売)
◇【早割②】Makuake限定デザインMilboxTouch+アプリ1名分 (1,800円)
◇Makuake限定デザインMilboxTouch+アプリ1名分 (2,000円)

また、この『MilboxTouch ver. VR PAC-MAN』そしてMilboxは新宿伊勢丹にて展示中です。

▼ハコスコやGoogle CardboardなどのスマホでVRを体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/