日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #18

スポーツテレビ局 J SPORTS、「ツール・ド・フランス 2016」の360°動画を公開

https://www.youtube.com/watch?v=EMM2Ey9yJng

スポーツテレビ局J SPORTSは、世界最大のサイクルロードレースイベント「ツール・ド・フランス 2016」の開催に先駆け、実際のコースを疑似体験することのできる360°動画を公開しました。

現在、3本の360°動画がYouTubeの公式アカウントにて公開されています。また、「ツアー・オブ・ジャパン2016 第8ステージ 東京」、「富士の国やまなし 第13回 Mt.富士ヒルクライム」、「ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会 2016」の3会場では、本動画をヘッドマウントディスプレイで楽しむことのできるブースも出展されるとのことです。

プレスリリース: スポーツテレビ局 J SPORTS ツール・ド・フランス2016コースの疑似走行体験ができる360度動画配信開始! | PR Times

インターネットカフェ「グランサイバーカフェ バグース渋谷文化村通り店」が6月21日にオープン、VR THEATERのレンタルも

国内VRニュース

インターネットカフェなどアミューズメント事業を手がける株式会社バグースは、インターネットカフェ「グランサイバーカフェ バグース渋谷文化村通り店」の6月21日オープンを発表しました。

女性専用席や、4Kテレビを備えたシアタールームをはじめとして、VRを手軽に楽しむことのできる「VR THEATER」のレンタルサービスなどが目玉となっています。現在、「VR THEATER」で楽しむことのできるコンテンツとして「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」が発表されています。

プレスリリース: 渋谷にインターネットカフェ『グランサイバーカフェ バグース渋谷文化村通り店』6/21(火)グランドオープン決定! | PR Times

360°写真共有サービス「petaly360」がサービス終了を発表

国内VRニュース

DeNAによる360°全天球写真をシェアしてVR空間上にコメントを書き込むことのできるサービス「petaly360」のサービス終了が発表されました。

ローンチ当初は、360°カメラで撮影した全天球画像の数少ない「遊び場」の一つとして話題になった本サービス。6月30日13:00がサービス終了時刻となっており、まだ利用したことのない方は一度体験してみては。

プレスリリース: petaly360 公式サイト

ハッカソン「築地ッカソン」の開催が発表、今回のテーマは「VR」

国内VRニュース

スマートフォン向けアプリの開発事業などで知られる株式会社ニジボックスは、ハッカソンイベント「築地ッカソン」の開催を発表しました。

第3回目の開催となる本イベントのテーマは「VR」。作るものは、VRに関連するものであれば「何でもOK」とのこと。非VRなエンジニアにも敷居が低く参加しやすいイベントとなっている模様です。

プレスリリース: NIJIBOX | ニュースリリース

「難民の現状」を伝える、国連UNHCR協会、VRを活用したキャンペーンを開始

国内VRニュース

難民支援機関UNHCRの日本組織「国連UNHCR協会」は、VRで難民キャンプの様子を体験することのできるキャンペーンを開始しました。

2011年のシリア騒乱以降、世界では難民問題が改めて注目され、360°動画やVRを用いた報道も盛んに行われています。体験することの出来る難民キャンプは、ヨルダンのザータリ難民キャンプとなっており「難民の直面している現実」を感じることのできるものとなっています。

プレスリリース: VRで難民キャンプの模様をご覧ください | 国連UNHCR協会 公式サイト

ポリゴンマジック、「VR社内見学」を発表

国内VRニュース

エンターテインメント事業を手がけるポリゴンマジックは、同社のVR技術「VOOR」を活用した「VR社内見学」の開始を発表しました。

同社によると、政府関連案件など機密性の高い情報を取り扱っているため、今まで社内見学の実施が難しかったとのこと。VR技術「VOOR」は、ゴールデンボンバーのコンサート映像や観光地PRなどの分野で実績があり、採用活動にも活用することでVR技術の用途を広げたいとしています。

プレスリリース: ポリゴンマジック、VRで社内見学 | ValuePress!

なお、本記事は各社のプレスリリース等を参考に執筆しています。VR関連のプレスリリースがある方は、こちらのフォームよりご連絡ください。

この記事を書いた人

  • face

    ゆたか

    フリーのシステムエンジニアです。360°動画を撮影して楽しんでいたところ、Gear VRにも出会い更なる衝撃を感じました。
    これから、あらゆる文化を面白くしそうなVR。最先端で関わりたいと思い参加させていただいています。

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/