VR内広告サービス「VRize」資金調達を実施 VR動画アプリ構築サービスも発表

VR内広告システム「VRize Ad」などを運営する株式会社VRizeは、B DASH VENTURES株式会社、株式会社Speeeを引受先とし、第三者割当増資を実施しました。
image01

今回の資金調達を含め、累計での資金調達額は数千万円ほど。今回の資金は開発体制の強化に充てるとのこと。また、VRizeは新サービスとして、マルチプラットフォームのVR動画アプリを制作するCMS「VRize Video」の発表も行いました。
image00

VRize Videoはマルチデバイス対応のVR動画アプリを制作するためのCMSサービスです。主要ハイエンドVRヘッドマウントディスプレイには全て対応見込みとのこと。主な機能は下記となっています。

・360度動画の閲覧
・VRのスクリーンによる2D動画の閲覧
・マルチプラットフォーム対応
・ライブストリーミング
・アナリティクス

・VRize Video
http://www.vrize.io/video/

VRizeは、これまでにVR内広告システム「VRize Ad」などを提供してきました。VRに関連する広告サービスについて、米Immersv社がVRにおけるアドネットワークサービスを発表しているほか、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの「Snapchat」では、360度動画広告の導入などを開始しています。

(参考)
VRize Video
http://vrize.io/video/

関連記事はこちら

この記事を書いた人