PC不要のスタンドアロンVRHMD「Pico NEO」日本・中国に展開予定

アミューズメント向けVRアトラクションなどを開発する株式会社しのびや.com Wizapply事業部は、中国のPico Technology社が開発するスタンドアロン型ヘッドマウントディスプレイ「Pico NEO」の取り扱いを開始したことを発表しました。


今回取り扱いが発表された「Pico NEO」は、PCを必要としないスタンドアロン型のヘッドマウントディスプレイです。「Snapdragon 820 2.2GHz、4GB RAM」のプロセッサに2Kのディスプレイで表示される映像でVR体験を味わうことができます。

なお「Pico NEO」は、同社の展開するVRライドマシン「SIMVR」にも対応するとのこと。は、「SIMVR」は基本動作の3軸に並行回転用の1軸を追加した計4軸の動きと、レーシングカーのエンジンやロボットが歩く度に揺れるコクピットなど場合に応じた振動ユニットで没入感の高いVR体験が可能とっています。

・SIMVRの紹介記事「しのびや、VRライドマシン「SIMVR」販売開始!コックピットの振動も再現

同社は今後、「Pico NEO」を日本と中国のVR市場へ展開することのこと。


しのびや.com とPico Technology社の両社は、6月28から30日の期間中に東京ビッグサイトで開催される「第 3 回先端コンテンツテクノロジー展」にて出展予定です。こちらにて「Pico NEO」の体験も可能とのこと。

MoguraVRでは、2017年4月24日から5月14日に埼玉県にあるVRアミューズメント施設「VR Center」にてSIMVRに乗って体験できる『SIMVRHYTHM「スイートルームで悪戯なキス」』の体験レポートを行いました。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com