VR映像制作スタジオVrse、1,200万ドルの資金調達

6月16日、VR映像制作スタジオのVrse.が1,200万ドルの投資を受けた旨と、同社の名称を変更する旨を発表しました。

wwithin

2016年6月16日より、Vrse.はWithinとして再出発しました。また同社は、投資会社であるAndreessen Horowitzとメディア企業である21st Century FOXの指導による1,200万ドルの投資を受けたことも発表しました。

wwithin

Vrse.のCEOを務めるChris Milk氏は以前、「視聴者に、ストーリーの一環として(within)の感動を与えられるのがVRだ」と語っていました。Withinという新社名については「この名前は、人間の体験としての物語を意味する」と語っています。

Vrse.について

Vrse.は、VR映像のプラットフォームを運営していました。360度映像制作スタジオとして名をあげていて、過去には国連と提携してガザ地区を舞台とするVRドキュメンタリーを制作しました。会社の名称が変更された今後もWithinとして同じような思わず没頭してしまうVR映像コンテンツを制作し続けていく予定です。

(参考)
One of VR’s Best Storytellers has a New Name and a Lot More Funding – Upload VR
http://uploadvr.com/one-vrs-best-storytellers-new-name-lot-funding/

(関連記事)
VRSEと国連が提携し、ガザ地区を舞台とするVRドキュメンタリーを制作

TEDで1,200人が同時にVR体験。Vrse創業者クリス・ミルク氏のプレゼンテーションで

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人