VREAL、VRゲームの実況を楽しむためのプラットフォームを発表

シアトルに拠点を構えるVREALは、4月27日、VRでゲーム実況を楽しめるプラットフォームサービスを発表しました。

ゲームを見ることがゲームの新たな楽しみ方になっていること。そしてVRがゲーミングの未来の姿であること。こうした背景からVREALは、2DモニターでもVRでもVRゲームを実況することのできるサービスを展開します。

HTC Vive、Oculus Rif、Gear VRでの再生に対応し、VRヘッドマウントディスプレイを持っていなくてもモニターでも再生が可能です。

開催中のSVVR EXPO 2016にてCEOのTodd Hooper氏が登壇し、VREALに関するプレゼンを行いました。

VREAL

VREAL

VREALのイメージ。ゲームを覗きこむように実況を見ています。実況を見ているプレイヤー同士でコミュニケーションをとれるようにするとのこと。

VREAL

Hopper氏は、「実況者にはあらゆるツールを提供します。実況を楽しむ人にはあらゆる角度、あらゆる場所から、実況者のプレイヤーの隣からもゲームの世界に入って見ることができるようになります」としています。

VRにおけるゲームプレイの360度録画を行うサービスはスマホの通常のゲーム向けサービス「BlasterZone」を2016年1月からCreativeが開始しています。また、日本のダックリングスが運営する360度ライブストリーミングプラットフォームHUGもゲームのVRライブストリーミングへの対応を検討しており、SVVR EXPOのデモブースで展示を行っていました。

VREAL左がプレイ画面。右が360度ストリーミング配信されている画面。

VRゲームをVRで鑑賞する最適解は見つかっていませんが、一人称視点でプレイヤーと同じ視点で見ると酔ってしまうという難点があります。VRにおけるゲーム実況のありかたも含め、今後模索が続きそうです。

(関連記事)
【CES2016】3Dゲームをプレイする様子をVRで共有。Creativeの新サービスBlaster Zone

新発表、レポートなどSVVR EXPO 2016関連の記事はこちらからご覧いただけます。

SVVR EXPO 2016特集

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/