日本発VRスタートアップ「FOVE」をゲストにVRビジネスの未来を語るイベントが8月8日に開催

VRの関係者をつなぐ一般社団法人VRコンソーシアムが主催するトークセッション「VRCクリエイターズトーク」の第1回が8月8日に開催されます。このクリエイターズトークは、VR業界のトップランナーはどう考えて最前線を突っ走っているのか。率直に語ってもらう企画です。

「一体何万台売れるの?」や「それって一過性のブームじゃないの?」といった、シビアな目線で見ている方々の声にも応えられるような場にしていきたいとのこと。

1回目のゲストは、目線追跡ができるVRヘッドマウントディスプレイFOVEを開発しているCEO小島由香氏です。FOVEは目線追跡ができるVRデバイスで、目の動きをトラッキングすることができます。

fove-vrc

VRコンソーシアムが6月に開催したVRコンテンツのコンテストVRCクリエイティブアワード2015では、最優秀賞を受賞した「Eye Play the Piano」はFOVEを使って、手足の不自由な子供がピアノを引くというものでした。

https://www.youtube.com/watch?v=VHXx7XTPULE

今回のクリエイターズトークでは、「FOVEの目線を使った新しいコミュニケーションは、どんな体験を実現してくれるのか。また、「Eye Play the Piano」はどういった経緯で作られ、なぜ多くの人の共感を得て、社会にインパクトを与えるまで発展できたのか。ベンチャー企業という立場から、VRビジネスの未来についてお話しいただく」ということで、日本発のVRハードウェアの開発に挑む立場からの話が聞けそうです。

【イベント概要】
・日時:8月8日(土)15時~17時
・場所:デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス3階 E12-1
・参加費:2,000円
・定員:50名

申込はこちらから
https://atnd.org/events/68430

視線追跡が可能なVRのヘッドセット「FOVE」に関する他の情報はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/