ヨーロッパでAR/VRの“ホットスポット”を目指す「VRBase.Amsterdam」が登場

image00VRBase.Amsterdam – Official Site

欧州におけるVR/ARの”ホットスポット”を目指す「VRBase.Amsterdam」

VRBase.Amsterdam」はアムステルダムを拠点とする、AR/VR関連の新興企業であり、欧州初のAR/VRインキュベーターです。2016年7月の上旬に設立されて以来、多くの業界関係者やインフルエンサー、ビジネスパートナーらが関わってきました。実験的なAR/VRコンテンツプログラムや、関連ビジネスの協議の場としても開かれています。

またVRBase.Amsterdam社は、欧州におけるAR/VRの中心的”ホットスポット”を目指しています。AR/VRの新興企業、クリエイター、開発者、フリーランサーや学生がARとVRを次のレベルへと引き上げ、ともに未来を築き上げるための取り組みを行っています。

AR/VRのインキュベーターとしての役割

上述した通り現在のVRBase.Amsterdam社の目標は、欧州全体に断片化されたAR/VRコミュニティを結び、それらの中心的な”ホットスポット”になることです。

VRアプリケーションの数は最近になって指数関数的に増加してきましたが、技術や制作知識に関しては発展途上です。VRBase.Amsterdam社の創設者であるDaniel Doornink氏は、開発者らが意見を共有し知見を高め合うためのベースが必要であると考え、業界関係者がつながるためのハブの役割を担う同社を設立しました。

同氏は、「革新的な企業にとってVRは新たなキーメディアとなりつつあります。我々はAR/VR技術のレベルを引き上げる機会の創出と、欧州における市場の形成を進めていきます。」のように述べています。

市や様々な団体を巻き込んだ取り組みを進める

VRBase.Amsterdam社の立ち上がりのための資金は、VR向けのサービスを手掛ける日本の「コロプラ(COLOPL,Inc. / COLOPL Next Inc.)」が大部分を出資し、大きく関与しています。

またVRBase.Amsterdam社は今後、アムステルダム市や国際的なオランダの文化団体、美術館、大学などと提携し、VRの開発・応用を促進させていくとしています。欧州の様々な組織を巻き込む同社の取り組みが今後どのような影響をもたらすのか、注目が集まります。

(参考)
Launch of VRBase.Amsterdam: Europe’s central hotspot for Virtual and Augmented Reality.
(プレス資料)

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/