VR・ARに投資しているベンチャー・キャピタルと投資先がひと目で分かるインフォグラフィック

様々な分野に展開できる事で期待されているVR・AR分野。VR・ARの開発のため、既に様々なベンチャーキャピタル(VC)が投資に乗り出しています。

image01

AR・VRの分野は、次世代の電子機器代表の1つとなるための準備を整えている段階です。世界最大級の投資銀行ゴールドマンサックスはAR・VR分野は10年以内、つまり2025年までにテレビ市場を凌駕する潜在能力があると推定しています。2015年のみで計算しても、エクイティ・ファイナンスにおけるVR・ARスタートアップ関連の併せて126の取引は、約6億5千8百万ドル(※記事執筆時のレートで約776億円)にのぼります。

VR・ARスタートアップは、多くのメディアの見出しを飾っていますが、その多くははまだ始まったばかり。その75%がプロダクトリリース段階のアーリー・ステージです。企業情報データベース「CB Insights」は最も活動的な投資企業(アクセラレータも含む)を特徴的なVR・AR会社によってランク付けしたものを公開しました。画像をクリックすると拡大で表示できます。

image00拡大表示可能です

世界で最も活発に投資を行っているVCはRothenberg Ventures。AR・VR分野をリードしていますが、ドローンやAI、ロボット工学や宇宙といった分野にも投資を行っています。最近の投資先は、Reload Studios Psious 。同社の行っているアクセラレーションプログラム「River」は、シードステージのVR・ARスタートアップを専門としています。

2位は、スタートアップアクセラレーターboostVC。仮想通貨の運用に不可欠なブロックチェーン技術やVRに焦点を当てた投資を行っています。2015年秋、個人の表情をトラッキングし、VR空間内でレンダリングを可能にできる技術を開発しているBinaryVR。そして、ウェブブラウザを利用したVRソフト開発を行うVizorに投資を行いました。

3位は、GV(以前のGoogle Ventures)と、Intel Captalの同点となりました。
GVは最近、Emergent VRやゲームスタジオのResolution Gamesに資金投入。Intel Capitalは、空間センサーの開発を行っているOccipalに投資を行っています。

日本のVR向けVCとしては、コロプラ傘下のコロプラネクストが最大約60億円のColopl VR Fundを立ち上げていますが、出資状況、具体的な出資先は明らかにされていません。

(関連記事)
ゴールドマン・サックス、今後10年でのVR/AR市場の可能性を予測
米ベンチャーキャピタルがVR関連への投資プログラムを実施。その成果はいかに(第1回)
コロプラ、国内外を対象とする世界最大級のVR専門ファンド「Colopl VR Fund」を設立。最大60億円規模

(参考)
CB Insights 公式ブログ / The Most Active Investors In Augmented/Virtual Reality And Their Companies In One Infographic
https://www.cbinsights.com/blog/active-arvr-investors-infographic/

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/