現実の結婚式場で美少女キャラと「VR結婚式」を挙げる企画が開催

PC向けアドベンチャーゲームの開発を手がけるhibiki worksは、現実の結婚式場とVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)を使用することで、美少女キャラクターとの結婚式を行う「VR結婚式」の開催を発表しました。

本イベントは、同社が開発・販売を行う美少女ゲーム『新妻LOVELY×CATION』をテーマとした企画となっています。

今回開催されるVR結婚式は、実際に結婚式を挙げているチャペルにて開催されます。新郎(参加者)はまず正装への着替えを行い、VRHMDを装着します。その後、目の前にウェディングドレスの新婦(キャラクター)が現れ、牧師の立ち会いのもと、結婚式が進行していきます。

なお、新婦の描画にはアニメーションツール「E-mote VR」が使用されているとのことで、静止画ではなく動きのあるいきいきとした新婦の姿を見ることができそうです。

イベントの公式ページによると、式場との相談を重ねて行くなかで休日での開催は難しい状況があり、開催日は平日金曜日となっているとのこと。そのほか、注意事項なども記載されています。

式の所要時間は5分ほど。イベントの概要は下記のとおりです。

イベント概要

日時:
2017年6月30日(金)※開催時間は調整中。

会場:
東京都23区内 結婚式場

参加方法:
事前抽選が必要。『新妻LOVELY×CATION』のパッケージに同梱されているアンケートはがきに必要事項を記入の上、応募。当選者には、2017年6月3日までに当選連絡と会場へのアクセスを記載したメールを送付予定。

応募期間:
2017年4月28日 ~ 5月28日

(参考)
新妻LOVELY×CATION VR結婚式
http://www.hibiki-site.com/niiduma_lc/vr_event.html
新妻LOVELY×CATION 公式サイト(※リンク先はR-18となります)
http://www.hibiki-site.com/niiduma_lc/index.html

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ