VRにおける最適なUIとは?賞金100万円のデザインコンテストが開催

コンテンツ代理店のPurple Pillは、VRインターフェースデザインコンテストの開催し、優れたVRインターフェイスを制作した人に対し、総額1万ドル(約110万円)の賞金を提供することを発表しました。

VRにおけるインタフェースとしては、凝視をして選択するインタラクションから、レーザーポインターメニューやボタンまで、いくつも存在しています。優れたVRインタフェースの設計という点に関して、何らかのコンセンサスに達するまでに時間がかかると思われますが、Purple Pillではそれを目指したいと考えているとのこと。

3月15日までVRインタフェースデザインコンテストにエントリーした作品は、ユーザビリティ、デザイン、創造性、パフォーマンスといった観点で評価されます。 1位の賞金は7,500ドル、2位の賞金は2,500ドルです。

Purple Pillのニック・クラークマン氏はこう述べています。

「現世代のVRアプリケーションで見られるインターフェースの多くは完璧ではありません。このコンテストで、世界中のデザイナーや開発者がVRのUIに関するアイデアを思いつき、このエキサイティングなメディアの境界を押し広げる優れたデザインを生み出すことを願っています」

コンテストへのエントリーは、360動画を含むクロスプラットフォームのVRアプリケーション作成基盤である、同社のHeadjack Unity APIに基づく必要があります。

コンテストの公式ルールは下記のとおりです。

•Headjack Unity APIを使用して作成されていること

•スムーズに動作し、フレームが落ちないこと

•コンテスト期間中に提出されること

•無料テンプレートとしてHeadjack Template Marketplaceに追加されていること

加えてPurple Pillは、公式ルールの一部ではありませんが、エントリーする作品は「モバイルVRをサポートしなければならない」と述べています。コンテストには次のようにエントリーすることができます。

こちらで無料のHeadjackアカウントを登録する
こちらのHeadjack APIを使用してVRテンプレートを作成する
Headjack Template Marketplaceにテンプレートをアップロードする

コンテストの結果は、4月15日頃に発表されるとのことです。

(参考)

VR Interface Design Contest with $10,000 in Cash Prizes Launched by Purple Pill

VR Interface Design Contest with $10,000 in Cash Prizes Launched by Purple Pill

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ