スクラムベンチャーズ、「VRスタートアップレポート」から業界マップを一部公開

シリコンバレーを中心にアーリーステージのスタートアップ企業に投資を行うスクラムベンチャーズ(本社:米国カリフォルニア州、ゼネラルパートナー:宮田 拓弥氏)は、世界中のVR業界プレーヤー132社を網羅した「VRスタートアップレポート」を販売しています。なお同レポートは日本人向けに日本語で制作されています。

スクラムベンチャーズ VR業界マップ

スクラムベンチャーズは起業家出身の宮田氏が設立したベンチャーキャピタル。これまでにeコマース、ヘルスケア、エンタテインメント、SaaS、教育、IoTなど幅広い分野のスタートアップ約40社への投資実績があり、現在スクラムベンチャーズのHPには30社以上の投資先が公開されています。また、最新のシリコンバレーの動向を1時間で伝えるイベント「Tackle!」を東京とサンフランシスコで行うなど、投資以外の各種リサーチ、コンサルティングにも取り組んでいます。

「VRスタートアップレポート」にはゲーム業界だけでなく、旅行、スポーツトレーニング、ソーシャル、エンタープライズ、医療、軍事、報道、位置情報サービスなど、様々な業界のプレーヤーが紹介されたインフォグラフィックスと30ページのレポートで構成されています。現在、メールへの問い合わせにて販売されており、価格は2,000ドル(税込)。レポートの概要は以下の通りです。

レポート概要と一部インフォグラフィックス

・VRインダストリー相関図
スクラムベンチャーズ VR業界マップ

・VRプレーヤー相関図
スクラムベンチャーズ VR業界マップ

「VRスタートアップレポート」概要
・価格:2,000ドル(税込)
・体裁:PDFファイル。レポート30ページとスタートアップリスト132社(※)
・言語:日本語
・レポート詳細:各レポートには、以下の内容が含まれます。
– 市場概況
– VR全体マップ
– 注目スタートアップ17社(1社1ページ)
・納品時期:申し込み後、3営業日以内にデータにて納品
※スタートアップリスト(企業名、ロゴ、サービス概要、拠点、資金調達額など)はPDFまたはExcelで納品。

レポートのお申込み方法、お問合わせ先はこちらをご参照ください。

スクラムベンチャーズの宮田氏のブログには同レポートのスタートアップリストにある132社の中でも特徴的なサービスとし「Surgical Theater」「EON Sports」「THE VOID」の3つが紹介されています。

また、注目VRスタートアップ17社(1社1ページで紹介)には「Surgical Theater」と「EON Sports」が含まれているとのことです。

(関連記事)
米国のVR向け投資ファンドThe VR FundがVR業界を俯瞰できる業界図を公開

VR・ARに投資しているベンチャー・キャピタルと投資先がひと目で分かるインフォグラフィック

(参考)
注目VRスタートアップ3社:医療、スポーツ、テーマパーク。ゲームを超えて広がるヴァーチャルリアリティ活用。 – Scrum Ventures
http://scrum.vc/ja/2016/06/01/vr-startup-report/

ヴァーチャルリアリティ関連スタートアップ100社を網羅 「VRスタートアップレポート」予約受付開始 – Scrum Ventures
http://scrum.vc/ja/2016/04/20/press-release-2016-4-20/

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/