ロボットを遠隔操作し、モノの硬さも感じられる 大成建設とVR企業がシステム開発

VR力触覚デバイスの開発を行う​イクシー株式会社は、大成建設株式会社と共同で、力触覚伝達技術を利⽤したロボット遠隔操作システムの開発に着手しました。

このシステムでは、作業者がインターネットを経由して、遠隔地でも触っているモノの硬さ等を感じつつロボットが操作できるようにすること、およびロボットが人間の操作を学習し、自動で作業できるようにする事を目指すとのこと。

過去に大成建設はHMDを利用したVR技術により重機を遠隔操作するシステム『T-iROBO Remote Viewer』を開発、この分野における展開を進めています。この『T-iROBO Remote Viewwer』は建設現場や災害復旧工事等に普及展開を行うとしていましたが、今回の共同開発によるシステム・デバイスは、より精密な操作や細かいフィードバックの必要な作業に投入されるのではないでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=LuAd2IurXgE

今回、イクシーはこれまでに開発を行ってきたデバイス『EXOS Glove』と『EXOS HandUnit』、そしてロボットアーム『EXOS ArmUnit』を用いて、これらを組み合わせたシステム構築を行うとのこと。現在は上掲動画のようなプロトタイプが動作中であり、今後システムのブラッシュアップを進めるとしています。

(参考)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000027354.html

関連するキーワード: exiii大成建設

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ