重要文化財を眺める擬似旅行 新潟放送のスマホVR

情報番組は、毎日私たちにさまざまなニュースや知識を伝えてくれます。今回、ニュース番組を見る視聴者側の視点ではなく、キャスター側の視点を体験できるVRアプリ『VR NIIGATA』がリリースされました。

『VR NIIGATA』は、ニュースを伝えるキャスターの隣に座り、まるで自分もキャスターになったかのような体験ができます。TV側からでは見られない撮影現場の裏側も視聴できます。本アプリの開発は、株式会社新潟放送(BSN)と株式会社ジョリーグッドが共同で行っています。


カメラやモニターが並ぶ撮影現場

キャスターから話しかけられる場面も

また同アプリでは、新潟県の重要文化財「萬代橋」を歩く360度コンテンツも視聴できます。日本一の長い川「信濃川」や、夕日が美しい「関分記念公園」などをナビゲートされながら新潟を擬似旅行できます。


新潟市のシンボル「萬代橋」


関分記念公園から見る日本海

なお、BSNの65周年を記念して、10月21日から開催の「BSNニイガタぞっこんフェスタ」にて本アプリの展示が行われます。

『VR NIIGATA』
iOSダウンロード
Androidダウンロード

イベントの概要

開催日

2017年10月21日(土)~22日(日)

場所

朱鷺メッセ展示ホール
新潟市中央区万代島6番1号

(参考)
BSN新潟放送VRサービス「VR NIIGATA」開始!ジョリーグッドと共同で。第一弾は、情報番組「ゆうなび」、重要文化財「萬代橋」を疑似体験 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000020924.html

関連するキーワード: VR NIIGATAジョリーグッド新潟放送

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ