日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #23

日本トイザらス、子供向けVRコンテンツ「マリンVRアドベンチャー」を提供開始

image00
日本トイザらスは、子供向けVRコンテンツ「マリンVRアドベンチャー」の提供開始を発表しました。
海の中を冒険する「潜水艦」の視点を体験することのできるものとなっており、魚を紹介する知育要素や、今夏人気のおもちゃ紹介など、様々な仕掛け要素も盛り込まれているとのこと。また、付属のVRゴーグルは視差効果のない一眼タイプのものを採用しており、子供向けVRコンテンツとしての安全面への配慮が伺えるものとなっています。

プレスリリース: 日本トイザらス、子ども向けVRコンテンツの提供開始 | PR Times

株式会社DONIKA、VRコンテンツ向けマネタイズ支援サービスの研究開発組織「VR Lab」の設立を発表

image02
メディアサイト運営事業や、スマホ向けアプリ開発を手がける株式会社DONIKAは、VRコンテンツ向けマネタイズ支援サービスの研究、開発を行う「VR Lab」の設立を発表しました。VRクリエーター向けの、集客、収益化をサポートするサービスをSDKや開発KITなど組み込み可能な形で提供したいとしています。VR広告配信のイメージ画像では、VR空間内のオブジェクトに広告クリエイティブを配信する様子が紹介されています。今秋より順次リリース予定の機能として、「VRコンテンツ内に設置可能な広告配信SDK」、「VRコンテンツのお試しプレイ設定の開発KIT」、「VRコンテンツへの集客支援、開発支援」の3点が合わせて発表されています。

プレスリリース: 株式会社DONIKA、日本初の「VR Lab」を設立 | PR Times

美術手帖、8月号の特集は「キャラクター生成論: 3DCG、VR」であることが明らかに

image03
月刊発行の美術誌「美術手帖」。同誌の8月号の特集は「キャラクター生成論: 3DCG、VR – 私たちの”リアル”はどう変わる?」であることが明らかとなりました。VR特集ページでは、PlayStationVRの体験レポートをはじめ、開発者インタビュー、VRによるキャラクター表現の可能性などのテーマが取り上げられるとのこと。サマーレッスンの開発者として知られる原田勝弘氏、玉置絢士氏によるキャラクターづくりへの取り組みも語られているとのことです。

プレスリリース: 3DCGやVRの技術で、”リアル”なキャラはどうつくられる? 『美術手帖』8月号は「キャラクター生成論」特集 | PR Times

宝塚大学、オープンキャンパスにて「クーロンズゲートVR」体験企画を発表

image05
宝塚大学東京メディア芸術学部は、8月10日に開催予定のオープンキャンパスの一環として「クーロンズゲートVR」の体験企画を発表しました。「クーロンズゲート」とは、同校メディア芸術学部の井上幸喜教授が企画・アートディレクションを手がけたPlayStation用アドベンチャーゲーム。「九龍城砦」をモチーフとした独特の世界観から今も尚注目を集めています。今回の「クーロンズゲートVR」は同作品をVR化したもので、Oculus Riftによる体験が可能となっています。また、本企画の体験は「高校生」限定とのこと。先日の一般公開で体験することのできなかった高校生は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

プレスリリース: オープンキャンパス | 宝塚大学東京メディア芸術学部

株式会社イード、VR映像配信プラットフォーム「EINYME」を発表

image01
メディアサイト事業などを手がける株式会社イードは、アイドルの実写映像に特化したVR映像配信プラットフォーム「EINYME(エイニーミー)」の開始を発表しました。加えて、同社のVR事業への本格参入も発表されています。また、VR映像制作事業を手がける株式会社シータとの業務提携も発表されており、VR映像を活用したメディアビジネスやプロモーション企画を共同で展開したいとしています。

プレスリリース: VR技術を活用したメディアビジネスを積極展開 イード、VR市場に本格参入 VR映像プラットフォームも立ち上げ | 株式会社イード

株式会社リビングスタイル、資金調達実施を発表

image04
インテリア業界向けITサービス事業を手がける株式会社リビングスタイルは、三井不動産株式会社のコーポレートベンチャーキャピタル「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」、株式会社アコード・ベンチャーズが運営する「アコード・ベンチャーズ1号投資事業有限責任組合」より、第三者割当増資を中心とした資金調達実施を発表しました。同社は、インテリア業界向けにVR/ARを用いた家具の配置をシミュレーションするシステムを提供しており、事業開発や営業体制の強化、サービスの品質向上などに資金を活用したいとしています。

プレスリリース: 株式会社リビングスタイル、資金調達を実施 | 株式会社リビングスタイル

なお、本記事は各社のプレスリリース等を参考に執筆しています。VR関連のプレスリリースがある方は、こちらのフォームよりご連絡ください。

この記事を書いた人

  • face

    ゆたか

    フリーのシステムエンジニアです。360°動画を撮影して楽しんでいたところ、Gear VRにも出会い更なる衝撃を感じました。
    これから、あらゆる文化を面白くしそうなVR。最先端で関わりたいと思い参加させていただいています。

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/