VRは禁煙に使えるのか?スマホVRアプリで禁煙を促す

VRは患者の恐怖や不安を軽減できたり、恐怖症を克服するためのセラピーに使うことができるととして、医療分野でもその活躍に注目が集められています。

メキシコに拠点を置くベンチャー企業MindCotineはVRを使って禁煙を促すアプリ『MindCotine』を開発しており、現在クラウドファンディングサイトKickstarterにて資金調達をしています。

https://www.kickstarter.com/projects/cristianwaitman/mindcotine-learn-to-quit-smoking-with-vr

VRを使ってタバコを止める『MindCotine』

『MindCotine』はスマートフォンと、段ボール型ヘッドセットを使い、禁煙を促すVRアプリです。

体験者は毎日20分間VRでタバコを吸い、バイオフィードバック(心拍数などをセンサーで感知して対象者にフィードバックすること)を通して、体の状態をモニターしていきます。そして、体の状態とタバコに対する依存度に応じたプログラムをこなしていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=D3TxUdJLppg

また『MindCotine』ではコミュニティーが用意されており、他のタバコをやめようとしている人々とともに禁煙にチャレンジすることができます。

『MindCotine』の開発者Cristian Waitman氏は「健康とはコミュニティーの上で成り立っていくものです。私たちは3000人以上のアクティブユーザーがともに禁煙に挑戦していくことができるようなコミュニティーを築きたいと思っています」とコメントしています。

7月まで資金を集めています。支援者には投資額に応じてオリジナルグッズなどがもらえるとのことです。

『MindCotine』のkickstarterページはこちらから (英語のみ)
https://www.kickstarter.com/projects/cristianwaitman/mindcotine-learn-to-quit-smoking-with-vr

広がる医療分野でのVRの使用

医療分野でのVRの使用が広がっています。

カナダでは高所恐怖症と対人恐怖症を克服するために、VRを用いセラピーを行う取り組みが行われています。

また、アメリカでも注射の際に子どものために痛みや不安を和らげる医療VRゲーム『Voxel Bay』が開発されています。

(参考)
Can VR Help Smokers Quit?
https://vrscout.com/news/can-vr-help-smokers-quit/ (英語)

VRscoutはMoguraVRとパートナーシップを結んでいます。

(関連記事)
コストを下げ、現場の再現度も高い ロスの病院でVRを使って医療訓練

医療用VRゲーム開発 VRで痛みや不安から気をそらす

VRと医療 カナダでVRを使った恐怖症治療の取組

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ